独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター
はじめて受診される方 病棟案内 入院・お見舞いの方 アクセスマップ
ホームがんの種類と診療科頭頸部癌(耳鼻咽喉科)>甲状腺癌
喉頭癌


喉仏(甲状軟骨)と胸骨との間で、気管を取り巻くようにある臓器を甲状腺といいます。 甲状腺にできた癌を甲状腺癌といいます。甲状腺癌はその組織型で4つに分類されていま す。乳頭癌が最も多く、約85%を占めます。
  甲状腺癌は、比較的進行が遅く予後も良好と一般に知られていますが、それは大半を占め る乳頭癌をさします。未分化癌や低分化癌は、極めて進行が速くまた治療に抵抗するため、 場合によっては発見された時点で3ヶ月の命ということもあります。



時に前頸部腫瘤を触知することがありますが、初期には症状はほとんどありません。咽喉頭 異常感症のため精査を進めた時に偶然発見されることがあります。甲状腺の皮膜外に進展す ると、周辺に異常をきたします。たとえば反回神経に浸潤して嗄声を引き起こしたりします。





もっとも良いのが、頸部エコーです。甲状腺の原発巣だけでなく、頸部の転移リンパ節の有無 も同時に観察できます。エコーガイド下に穿刺細胞診(FNA)を行って、組織型を推定すること もできます。CTやMRIは、腫瘍の拡がりを見るにはよい検査です。
甲状腺腫瘍MRI像

シンチグラムは、遠隔転移の検索には有効です。血液中の、甲状腺ホルモン値、サイログロブ リンは術後の経過観察に参考としますので術前に一度はチェックします。




原発巣の進行度は'T'で示し、
T1は、甲状腺に限局し最大径が1cm以下
T2は、甲状腺に限局し最大径が1cmをこえるが4cm以下
T3は、甲状腺に限局し最大径が4cmをこえる
T4は、甲状腺の被膜をこえて進展もの と定義されています。





治療手術による腫瘍摘出が治療の第一選択です。悪性腫瘍の場合には頸部郭清術を同時に 行うこともあります。症例の大半を占める乳頭癌や濾胞癌は、第一に手術です。一方、未分化 癌は、手術を中心として放射線治療や化学療法を組み合わせた治療が計画されますが、進行 が速いため現実には治療をすることさえ困難な場合もあります。
ここでは、乳頭癌の治療(手術)を示します。
頸部リンパ節転移を伴わない場合、癌のある側の一葉と峡部を切除し、同時に患側の気管周 囲のリンパ節郭清を行います。
頸部リンパ節転移を伴った場合は、転移側の保存的頸部郭清術を追加します。
癌が両側にまたがる場合、甲状腺全摘出術や、両側頸部郭清術を行うこともあります。
肺転移などの遠隔転移をきたしている場合、術後の放射線ヨード治療を要する場合があり、こ の際は甲状腺全摘出術が必要です。




甲状腺を摘出する場合問題となるのは、反回神経です。反回神経は、声帯運動に関わる神経 です。一側の麻痺では気息性嗄声(息漏れの声がれ)をきたし、両側の麻痺では呼吸困難を きたします。
甲状腺乳頭癌は、適切な治療を行えば比較的予後のよい癌です。従って、癌が反回神経を巻 き込んでいない限り温存につとめます。しかし、甲状腺癌では気管周囲のリンパ節郭清をきっ ちりしておく必要がありますので、甲状腺全摘出術を行った場合は、反回神経を温存できても 一時的な麻痺をきたす可能性がありますので気管切開を必要とする場合があります。仮に、 一側反回神経の永久麻痺をきたしても、音声外科手術により、多少の声の改善が期待できま す。これも当科では積極的に行っている手術です。両側反回神経麻痺をきたし、気管切開孔 が閉鎖できない場合でも、声帯外方移動術により気管孔を閉鎖することが可能となる場合もあ ります。


政策医療 近畿がんセンター 〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14  <プライバシーポリシー

ホーム がんの種類 Q&A 診療科案内 がんの認識テスト 大阪医療センター ごあいさつ がんの種類と診療科 がんの治療 最新の治療 資料室 イベント・セミナー 外来担当医案内 リンク 大阪医療センター STAFF ONLY