はじめて受診される方へ 病棟案内 入院・お見舞いの方 アクセスマップ
ホームがんの種類別Q&A>頭頸部がんQ&A


癌の告知はするのですか
当センター耳鼻咽喉科では基本的に全例に癌(悪性腫瘍)の告知をしています。癌の治療は肉体的にも精神的にも、また社会的、経済的にもつらいものです。
また、その治療期間も長期に及びます。その中でよりよい患者医者関係を築くためには病気に対する基本的な理解を患者さん本人に持っていただくことが不可欠ですが、病名を伏せたままでは、病気に対する理解を深めてもらうことは事実上不可能です。告知されることはつらいことではありますが、積極的な治療を行う前提としては避けることのできないことと考えています。

癌の再発、転移について教えてください
癌の特徴のひとつに再発、転移があります。むしろ再発、転移を起こす腫瘍を癌と考えることが妥当かもしれません。今のところ、確実に再発や転移を防ぐ手立てはありません。こういった点が癌治療の難しいところです。
手術的には完全に摘出できたと思われても再発、転移をきたすこともまれではありません。
癌の治療は通常、5年間再発、転移などがなければ終了します。逆にいえば、少なくとも5年間は再発、転移の可能性があるということです。手術などの一次治療が終わった後も注意深い経過観察が必要なのはこのためです。

今回、初めて癌と診断されましたが急に出来たのでしょうか
癌の特徴のひとつに再発、転移があります。むしろ再発、転移を起こす腫瘍を癌と考えることが妥当かもしれません。今のところ、確実に再発や転移を防ぐ手立てはありません。こういった点が癌治療の難しいところです。手術的には完全に摘出できたと思われても再発、転移をきたすこともまれではありません。
癌の治療は通常、5年間再発、転移などがなければ終了します。逆にいえば、少なくとも5年間は再発、転移の可能性があるということです。手術などの一次治療が終わった後も注意深い経過観察が必要なのはこのためです。





政策医療 近畿がんセンター 〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14  <プライバシーポリシー


ホーム ごあいさつ がんの種類別Q&A がんの治療別Q&A イベント・セミナー 外来担当医案内 リンク 大阪医療センサー STAFF ONLY