HOME 看護プロジェクト 各種疾患 Q&A 受診案内 国立大阪病院ホームページ
 
 
●血圧と年齢との関連は?
  幼児/学童期から成人へと成長に従い、収縮期血圧、拡張期血圧とも上昇します。さらに、加齢により上昇するため、若年成人と高齢者では理想とされる血圧値が異なります。
 
●なぜ高血圧になるの?
  遺伝的素因に、加齢、食塩のとりすぎ、肥満、運動不足、喫煙、アルコールの飲み過ぎ、ストレスなどの要因が加わり血圧が上昇します。
 
●血圧が高いのを放っておくとどうなるの?
  高血圧の状態が続いていると動脈硬化を加速させ、脳卒中や心筋梗塞といった合併症を引き起こす可能性が高くなります。糖尿病、喫煙、高コレステロールなど、その他の動脈硬化を促進するリスクもある方は、さらに血管系の障害による病気を起こす可能性が高くなるので要注意です。日頃から生活習慣に気をつけ、改善できるよう努めましょう。
 
●血圧を下げる生活習慣はどんなもの?
  食事療法は高血圧の治療や合併症予防の基本となります。過食をひかえ体重をコントールすること、塩分を制限すること、野菜をはじめ食物繊維の多い食品を積極的に摂取すること、アルコールの飲み過ぎに注意すること、禁煙すること、ウォーキングなどの適度な運動をすること、などがあげられます。
 
●血圧の薬はずっと飲まないといけないの?
  生活習慣の改善に加え、降圧薬の服用により血圧のコントロールが長期間良好に続いた場合、その後の体調、血圧値の経過、検査結果などをもとに、薬の減量や一時休止ができることもあるので、かかりつけ医に相談してください。過食をさけバランスのよい食事、適度な運動、禁煙、アルコール多飲をさける、などの良好な生活習慣の維持を怠ると、再びコントロールが悪くなることが多いので注意して下さい。
 
トップへ