小児特定疾患治療研究事業について



1.小児特定疾患治療研究事業とはなんですか。

   小児の慢性疾患は、その治療が長期にわたり医療費の負担も高額になり、これを放置することは、児童の健全な育成を阻害します。 小児慢性特定疾患治療研究事業とは、18歳未満(疾患によっては20歳まで)の慢性特定疾患に指定する疾患(別表参照)に罹患する患児家庭の経済的、精神的負担の軽減を図ることと、その医療の確立と普及を図るために、医療費の公費援助を行う制度です。

 

(1.)治療を行う医療機関

    都道府県知事、指定都市市長及び中核市市長が本事業を行うに適当と認められる医療機関を選定し、その医療機関に本事業を委託して行っています。

(2.)治療研究期間

     原則として1年以内で、継続の必要があれば毎年、継続申請しなければいけません。

(3.)対象年齢

    18歳未満の児童を対象とします。ただし悪性新生物、慢性腎疾患、ぜんそく、慢性心疾患、内分泌疾患のうち下垂体性小人症、膠原病、先天性代謝異常のうち軟骨無形成症及び血友病等血液疾患については20歳未満まで延長することができます。

(4.)公費負担の内容 

    健康保険等医療保険の給付と公費で負担しますので、一部自己負担ではありません。
   詳しくは、(小児)慢性特定疾患治療研究事業の給付制度のしくみをご覧ください。  

参考資料      小児慢性特定疾患一覧




   

 www-adm@onh.go.jp
(c) Copyright 2001, Osaka National Hospital. All rights reserved.