国立大阪病院 外科のご案内
 
国立大阪病院 外科へようこそ
診療方針

私たちの診療の特徴を紹介します。

  1. がん治療の専門医
    現在のがん治療は単に病巣を切除するだけでなく、抗がん剤やホルモン治療、分子標的治療、放射線治療、免疫治療など様々な技術を駆使することで、がんの根治率を上げることができるようになっています。これを集学的治療と呼びます。様々な治療法から最適な組み合わせを選び、しかも安全に治療を進めるには、高度の知識と治療チームが必要となります。スタッフの紹介記事をご覧ください。(リンク)大阪医療センター外科のスタッフはほとんどが、消化器外科、呼吸器外科、乳腺科の専門医資格を持っています。多くの者が抗がん剤治療に関する資格も取得しています。これらの医師を中心として、がん治療の専門トレーニングを受けた看護師や薬剤師が共に治療にあたります。(*)
  2. 最新の外科技術
    腹腔鏡下手術や胸腔鏡下手術をご存じでしょうか。大きく開腹・開胸せずに小さな傷だけで行う手術です。昔は、がんの手術と言えば、苦痛があっても仕方が無いという考え方が一般的でした。しかし病気が治っても大きな障害が残ったり仕事ができなくなったりしたのでは非常に困ります。腹腔鏡・胸腔鏡下手術は傷が小さいので痛みが少なく、回復が早い優れた手術法です。もちろん美容面でも優れています。ただ技術的には難度が高く、取り組みが遅れている施設も未だ少なくありません。しかし私たちはほとんどの大腸がん、早期胃がんや肝臓がん、肺がん、食道がんなどの根治術を腹腔鏡・胸腔鏡下手術で行う技術を備えています。特に最近では単孔式という傷がほとんど分からない新しい手術法も導入しています。乳がん治療においては、センチネルリンパ節生検という技術を用いて、最小限の手術で根治治療を行います。術前薬物療法の概念を応用した乳房温存手術や、乳房再建にも実施しています。また、ラジオ波焼灼法の臨床研究も高度先進医療の枠組みの中で取り組んでいます。
  3. 患者さんを支える専門チーム
    がん治療を受ける患者さんは病気や治療に伴う障害に悩まされたり、仕事ができず生活に困ったりすることがしばしばあります。大阪医療センターでは、緩和ケア(疼痛や苦痛を治療する専門家)、NST(患者さんの栄養管理の専門家)、ICT(傷の感染や肺炎など感染対策の専門家)、メディカルソーシャルワーカー(治療後の社会復帰などに関する相談)、WOCN(床ずれの予防、人工肛門・膀胱の専門家)など様々な専門職がチームを組んで患者さんを支えます。(*)
  4. 合併症を持つ患者さんにも全力を尽くします
    高度総合医療施設として内科をはじめ院内各部署の協力を得て、様々な合併症を持つ患者さんにも最適な治療を行える体制を整えています。

以上のような充実したスタッフが思いやりもって心を込めて治療にあたります。患者さんには十分に病状を説明し病状を理解頂きます。患者さんの声を聞き、新しい情報を集め、常によりよい医療をめざしています。

 
診療方針

大阪医療センターは教育や研究、学術活動にも力を入れています。

  1. 教育研修病院として
    医学生の臨床医学教育を行っています。また卒後教育として、外科医を目指す若い医師の教育を行っています。十分な臨床経験を積むだけでなく、学会発表や論文発表の指導を行い、将来の外科学を背負う優秀な人材の育成をめざしています。
  2. 研究施設として
    臨床研究および共同研究を積極的に行い、根拠のある治療の確立をめざしています。公平で客観的な立場から薬や治療法の評価検証を任務としています。
  3. 学術活動
    豊富な症例を基礎に、論文発表や学会報告、講演活動を行い、国内外への情報の発信を行っています。
  4. 臨床研究
    「消化器外科緊急手術症例における術後死亡予測モデルCORES、NSQIPの比較
      検証試験」

(*)以下のような専門職が治療に加わります:がん性疼痛看護認定看護師、乳がん看護認定看護師、がん化学療法看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、栄養士(NST)、皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCN)、感染管理認定看護師など

(記 外科科長 関本貢嗣 平成24年8月)


連絡方法
病院代表 Tel:6942-1331 
Fax:6943-6467
Home Page http://www.onh.go.jp/surgery/
外科研修に関する情報 外科研修コース
外科 乳腺専門医研修コース
当HPのご感想・ご質問等はonh.seki@onh.go.jpまでお願いします。


(c) Copyright 1996-2012 Osaka National Hospital. All rights reserved.