国立大阪病院 外科のご案内
〜診療実績〜

■論文発表
平成24年度外科
科長 関本貢嗣


紹介文
外科は、がん治療および外科治療における標準治療の確立と先進医療の開発を目的として、以下の方針に基づいて臨床および研究を行ってきました。
1) 専門性および先進性の高い医療(臓器別専門治療体制)
2) 医療の質の向上とチーム医療の推進
3) 標準治療の確立と臨床共同研究の推進
4) 各種がんに対する集学的治療の推進
5) 外科手術の改善と向上
6) 周術期管理の改善と向上
本年度も多くの学会発表、論文発表、司会および講演を行ってきました。欧文誌への掲載や国際学会での発表も増加してきました。当施設が関与してきた重要な臨床研究結果発表の著者もしくは共著者として関わることができました。目指してきた方針が定着してきたことが立証されました。チーム医療を推進してきた結果、外科病棟に関係する看護師および薬剤師、栄養士からも多くの学会発表が継続してなされました。論文として発表する必要性も認識されるようになりました。依頼講演の件数もいっそう増加し、病院評価の向上に役立っていると考えています。若手医師も積極的に研究発表と論文発表を行ってくれました。熱心に若手指導を行ってくれたスタッフ各位の努力のおかげです。昨年から今年春にかけてスタッフの多くが入れ替わりますが、これまでの姿勢を崩さず皆で精進していこうと思います。


英文論文
Yamashita S, Yamamoto H, Mimori K, Nishida N, Takahashi H, Haraguchi N, Tanaka
F, Shibata K, Sekimoto M, Ishii H, Doki Y, Mori M. MicroRNA-372 is associated
with poor prognosis in colorectal cancer. Oncology. 2012;82(4):205-12.

Hoshino H, Nagano H, Haraguchi N, Nishikawa S, Tomokuni A, Kano Y, Fukusumi T,
Saito T, Ozaki M, Sakai D, Satoh T, Eguchi H, Sekimoto M, Doki Y, Mori M, Ishii
H. Hypoxia and TP53 deficiency for induced pluripotent stem cell-like properties
in gastrointestinal cancer. Int J Oncol. 2012 May;40(5):1423-30.

Sueyoshi Y, Yoshio T, Ito M, Suemura S, Araki M, Mitsuta C, Ota M, Ohta T, Hasegawa H, Tatsumi K, Toyama T, Nakazuru S, Kuzushita N, Tsujie M, Miyamoto A, Nakamori S, Kodama Y, Mita E.A case of spontaneous splenic rupture during chemotherapy for B-cell chronic
lymphoid leukemia.Clin J Gastroenterol2012;5(1):42-46(2012年5月)

Tian Y, Denda-Nagai K, Kamata-Sakurai M, Nakamori S, Tsukui T, Itoh Y, Okada K, Yi Y,
Irimura T.Mucin 21 in esophageal squamous epithelia and carcinomas: analysis with
glycoform-specific monoclonal antibodies.Glycobiology2012;22(9):1218-1226(2012年9月)

Honda K, Okusaka T, Felix K, Nakamori S, Sata N, Nagai H, Ioka T, Tsuchida A, Shimahara T, Shimahara M, Yasunami Y, Kuwabara H, Sakuma T, Otsuka Y, Ota N, Shitashige M, Kosuge T, Buchler MW, Yamada T.Altered plasma apolipoprotein modifications in patients with
pancreatic cancer: protein characterization and multi-institutional validation.PLoS
One.2012;Oct8.Epub (2012年10月)

Watanabe K, Oochiai T, Kikuchi S, Kumano T, Matsui T, Morimoto K, Yasukawa S, Nakamori S, Sasako M, Yanagisawa A, Otsuji E.Dermokine expression in intraductal papillary-mucinous neoplasm and invasive pancreatic carcinoma.Anticancer Res.2012;32(10):4405-4412(2012年10月)

Fujitani K,Tsujinaka T, Fujita J, Miyashiro I, Imamura H, Kimura Y, Kobayashi K, Kurokawa Y, Shimokawa T, Furukawa H. . Prospective randomized trial of preoperative enteral
immunonutrition followed by elective total gastrectomy for gastric cancer. Br J Surg 2012 ; 99 ( 5 ) : 621 - 629 ( 2012 年 )

Fujitani K,Mano M, Hirao M, Kodama Y, Tsujinaka T. . Posttherapy nodal status, not graded histologic response, predicts survival after neoadjuvant chemotherapy for advanced gastric cancer. Ann Surg Oncol 2012 ; 19 ( 6 ) : 1936 - 1943 ( 2012 年 )

Fujitani K,Hasegawa H, Nakazuru S, Hirao M,Mita E, Tsujinaka T. . Optimal indications for second-line chemotherapy in advanced gastric cancer.. Anti-Cancer Drugs 2012 ; 23 ( 4 ) : 465 - 470 ( 2012 年 )

Fujitani K,Miki Y, Hirao M, Kurokawa Y, Mano M, Tsujie M, Miyamoto A, Nakamori S, Tsujinaka T. . Significance of surgical treatment of liver metastases from gastric cancer. . Anticancer Res 2012 ; 32 ( 2 ) : 665 - 670 ( 2012 年 )

Inoue K,Nakane Y, kogire M, Fujitani K, Kimura Y, Imamura H, Tamura S, Okano S, Kwon AH, Kurokawa Y, Shimokawa T, Takiuchi H, Tsujinaka T. . Phase II trial of preoperative S-1 plus cisplatin followed by surgery for initially unresectable locally advanced gastric cancer . Eur J Surg Oncol 2012 ; 38 ( 2 ) : 143 - 149 ( 2012 年 )

Shitara K,Morita S, Fujitani K,Kadowaki S, Takiguchi N, Hirabayashi N, Takahashi M, Takagi M, Tokunaga Y, Fukushima R, Munakata Y, Nishikawa K, Takagane A, Tanaka T, Sekishita Y, Sakamoto J, Tsuburaya A . Combination chemotherapy with S-1 plus cisplatin for gastric cancer that recurs after adjuvant chemotherapy with S-1: multi-institutional retrospective analysis. . Gastric Cancer 2012 ; 15 ( 3 ) : 245 - 251 ( 2012 年 )

Hirao M,Tsujinaka T,Imamura H,Kurokawa Y,Inoue K,Kimura Y,Shimokawa T,Furukawa H . Overweight is a risk factor for surgical site infection following distal gastrectomy for gastric cancer . Gastric Cancer(EPUB); ( 2012 年 7 月 )

Hirao M,Takiguchi S,Imamura H,Yamamoto K,Kurokawa Y,Fujita J,Kobayashi K,Kimura Y,Mori M,Doki Y, . Comparison of Billroth I and Roux-en-Y Reconstruction after Distal Gastrectomy for Gastric Cancer: One-year Postoperative Effects Assessed by a Multi-institutional RCT. . Ann Surg Oncol (E PUB) ( 2012 年 10 月 )

Takiguchi S,Yamamoto K,Hirao M,Imamura H,Fujita J,Yano M,Kobayashi K,Kimura
Y,Kurokawa Y,Mori M,Doki Y . A comparison of postoperative quality of life and dysfunction after Billroth I and Roux-en-Y reconstruction following distal gastrectomy for gastric cancer: results from a multi-institutional RCT. . Gastric Cancer 2012 ; 15 ( 2 ) 198 - 205 ( 2012 年 4 月 )

Imamura H,Takiguchi S,Yamamoto K,Hirao M,Fujita J,Miyashiro I,Kurokawa Y,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y . Morbidity and mortality results from a prospective randomized controlled trial comparing Billroth I and Roux-en-Y reconstructive procedures after distal gastrectomy for gastric cancer. . World J Surg 2012 ; 36 ( 3 ) 632 - 637 2012 年 3 月 )

Takemasa I, Kittaka N, Hitora T, Watanabe M, Matsuo E, Mizushima T, Ikeda M, Yamamoto H, Sekimoto M, Nishimura O, Doki Y, Mori M . Potential biological insights revealed by an integrated assessment of proteomic and transcriptomic data in human colorectal cancer. Int J Oncol 2012 ; 40 (   ) : 551 - 559 ( 2012 年 )

Uemura M, Ikeda M, Sekimoto M, Noura S, Ohue M, MIzushima T, Yamamoto H, Takemasa I, Yano M, Ishikawa O,Doki Y, Mori M . The features of late local recurrences following curative surgery for rectal cancer. . Hepatogastroenterology 2012 ; 59 ( 118 ) : 1800 - 1803 ( 2012 年 )

Nishimura J, Handa R, Yamamoto H, Tanaka F, Shibata K, Mimori K, Takemasa I, Mizushima T, Ikeda M, Sekimoto M, Ishii H, Doki Y, Mori M . microRNA-181a is associated with poor prognosis of colorectal cancer.. . Oncol Rep 2012 ; 28 ( 6 ) : 2221 - 2226 ( 2012 年 )

Oshiro R, Yamamoto H, Takahashi H, Ohtsuka M, Wu X, Nishimura J, Takemasa I, Mizushima T, Ikeda M, Sekimoto M, Matsuura N, Doki Y, Mori M . C4.4A is associated with tumor budding and epithelial-mesenchymal transition of colorectal cancer . Cancer Sci 2012 ; 103 ( 6 ) : 1155 - 1164 ( 2012 年 )

Mizushima T, Ikeda M, Sekimoto M, Yamamoto H, Doki Y, Mori M . Laparoscopic bladder-preserving surgery for enterovesical fistula complicated with benign gastrointestinal disease. Case Rep Gastroenterol 2012 ; 6 (   ) : 279 - 284 ( 2012 年 )

Ogino T, Sekimoto M, Nishimura J, Takemasa I, Mizushima T, Ikeda M, Yamamoto H, Doki Y. Mori M . Intraluminal migration of a spacer with small bowel obstruction: a case report of rare complication. World J Surg Oncol 2012 ; 10 (   ) : 30 -   ( 2012 年 )

Yamamoto H,Tei M,Uemura M,Takemasa I,Uemura Y,Murata K,Fukunaga M,Ohue M,Ohnishi T,Ikeda K,Kato T,Okamura S,Ikenaga M,Haraguchi N,Nishimura J,Mizushima T,Mimori K,Doki Y,Mori M . Ephrin A1 mRNA is associated with poor prognosis of colorectal cancer . Int J of Oncology 2013 ; 42 (   ) : 549 - 555 ( 2013 年 1 月 )

Masuda N, Sagara Y, Kinoshita T, Iwata H, Nakamura S, Yanagita Y, Nishimura R, Iwase H, Kamigaki S, Takei H, Noguchi S. Neoadjuvantanastrozole versus tamoxifen in patients receiving goserelin for premenopausal breast cancer (STAGE): a double-blind,randomised phase 3 trial. Lancet Oncology;13(4):345-352(2012年4月)

Aogi K, Saeki T, Nakamura S, Kashiwaba M, Sato N, Masuda N, Rai Y, Ohno S, Kuroi K, Nishimura R, Miyakoda K, Akiyama F, Kurosumi M, Ikeda T. A multicenter, phase II study of epirubicin/cyclophosphamide followed by docetaxel and concurrent trastuzumab as primary systemic therapy for HER-2 positive advanced breast cancer(the HER2NAT study). International Journal of Clinical Oncology; E-pub(2012年)

Shien T, Nakamura K, Shibata T, Kinoshita T, Aogi K, Fujisawa T, Masuda N, Inoue K, Fukuda H, Iwata H. A Randomized Controlled Trial Comparing Primary Tumour Resection Plus Systemic Therapy With Systemic Therapy Alone in Metastatic Breast Cancer(PRIM-BC): Japan Clinical Oncology Group Study JCOG1017. Japanese Journal of Clinical Oncology ;42(10):970-973(2012年10月)

Cleeland CS, Body JJ, Stopeck A, von Moos R, Fallowfield L, Mathias SD, Patrick DL, Clemons M, Tonkin K, Masuda N, Lipton A, de Boer R, Salvagni S, Oliveira CT, Qian Y, Jiang Q, Dansey R, Braun A, Chung K. Pain outcomes in patients with advanced breast cancer and bone metastases: Results from a randomized, double-blind study of denosumab and zoledronic acid. Cancer;119(4):832-383(2013年2月)

Taguchi T, Yamamoto D, Masuda N, Oba K, Nakayama T, Nagata T, Nomura M, Yoshidome K, Yoshino H, Matsunami N, Miyashita M, Furuya Y, Ishida T, Wakita K, Sakamoto J, Nogichi S. Low dose capecitabine plus weekly paclitaxel in patients with metastatic brest cancer: a multicenter phase Ustudy KBCSG-0609. Cancer ChemotherPharmacol;E-pub (2013年1月)

Ishitobi M, Okumura Y, Arima N, Yoshida A, Nakatsukasa K, Iwase T, Shien T, MasudaN, Tanaka S, Tanabe M, Tanaka T, Komoike Y, Taguchi T, Nishimura R, Inaji H. Brest Cancer Subtype and Distant Recurrence sfterIpsilateral Brest Tumor Recurrence. Annals of Surgical Oncology;E-pub (2013年1月)

Yamamura J, Masuda N, Kodama Y, Yasojima H, Mizutani M, Kuriyama K, Mano M, Nakamori S, Sekimoto M. Male Brest Cancer Originating in an Accessory Mammary Gland in theAxilla : A Case Report. Case Reports in Medicine;E-pub (2012年12月)

Noguchi S, Masuda N, Iwata H, Mukai H, Horiguchi J, Puttawibul P, Srimuninnimit V, Tokuda Y, Kuroi K, Iwase H, Inaji H, Ohsumi S, Noh WC, Nakayama T, Ohno S, Rai Y, Park BW, Panneerselvam A, El-Hashimy M, Taran T, Sahmoud T, Ito Y. Efficacy of everolimus with exemestane versus exemestane alone in Asian patients with HER2-negative, hormone-receptor-positive breast cancer in BOLERO-2. Breast Cancer;E-pub (2013年2月)

Iwata H, Masuda N, Sagara Y, Nakamura S, Yanagita Y, Nishimura R, Iwase H, Kamigaki S, Takei H, Tsuda H, Hayashi N, Noguchi S. Analysis of Ki-67 Expression With NeoadjuvantAnastrozole or Tamoxifen in Patients Receiving Goserelin for Pemenopausal Breast Cancer.
Cancer ;119(4):704-713(2013年2月)

Asaoka T,Sotolongo B,Island E,Tryphonopoulos P,Selvaggi G,Moon J,Tekin A,Amador A,Levi D,Garcia J, Smith L,Nisida S,Weppler D,G Tzakis A,Ruiz P . MicroRNA signature of intestinal acute cellular rejection in formalin-fixed paraffin-embedded mucosal biopsies . American Journal of Transplantation 2012 ; 12 ( 2 ) : 458 - 468 ( 2012 年 2 月 )

Asaoka T,Marubashi S,Kobayashi S,Hama N,Eguchi H,Takeda Y,Tanemura M,Wada H,Takemasa I,Takahashi H,Phillip R,Doki Y,Mori M,Nagano H . Intragraft transcriptome level of CXCL9 as biomarker of acute cellular rejection after liver transplantation . Journal of Surgical Research 2012 ; 178 ( 2012 ) : 1003 - 1014 ( 2012 年 )

Takiguchi S,Adachi S,Yamamoto K,Morii E,Miyata H,Nakajima K,Yamasaki M,Kangawa K,Mori M,Doki Y . Mapping Analysis of Ghrelin Producing Cells in the Human Stomach Associated with Chronic Gastritis and Early Cancers . Dig Dis Sci. 2012 ; 57 ( 5 ) : 1238 - 1246 ( 2012 年 5 月 )

Yamamoto K,Ishii H,Moon JH,Haraguchi N,Doki Y,Mori M . Genetic alteration of stemness factors and p53 in mouse forestomach by chemical carcinogen-induced carcinogenesis. Oncol Lett. 2012 ; 3 ( 6 ) : 1216 - 1220 ( 2012 年 6 月 )

Hiura Y,Takiguchi S,Yamamoto K,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Miyata H,Fujiwara Y,Mori M,Doki Y . Fall in plasma ghrelin concentrations after cisplatin-based chemotherapy in esophageal cancer patients.. Int J Clin Oncol 2012 ; 17 ( 4 ) : 316 - 323 ( 2012 年 8 月 )

Hiura Y,Takiguchi S,Yamamoto K,Takahashi T,Kurokawa Y,Yamasaki M,Nakajima K,Miyata H,Fujiwara Y,Mori M,Kangawa K,Doki Y . Effects of ghrelin administration during chemotherapy with advanced esophageal cancer patients;a prospective、randomized、placebocontrolled phase 2 study.. Cancer 2012 ; 118 ( 19 ) : 4785 - 4794 ( 2012 年 10 月 )

Yamamoto K,Takiguchi S,Miyata H,Miyazaki Y,Hiura Y,Yamasaki M,Nakajima K,Fujiwara Y,Mori K,Kangawa K,Doki Y . Reduced plasma ghrelin levels on day 1 after esophagectomy: a new predictor of prolonged systemic inflammatory response syndrome . Surg Today 2013 ; 43 ( 1 ) : 48 - 54 ( 2013 年 1 月 )

Tsujie M,Ikenaga M,Miyamoto A,Nakamori S,Yasui M,Omiya H,Hirao M,Takami K,Fujitani K,Mishima H,Tsujinaka T . Effevtiveness of a Surgical Glove Port with Homemade Trocars Made of Syringes for Single Incision Laparoscopic Cholecystectomy . Hepato-Gastroenterology 2012 ; 59 ( 120 ) : 2407 - 2409 ( 2012 年 11 月 )

Tsujie M, Nakamori S, Miyamoto A, Yasui M, Ikenaga M, Hirao M, Fujitani K, Mishima H, Tsujinaka T. . Risk factors of pancreatic fistula after pancreaticoduodenectomy-patients with low drain amylase level on postoperative day 1 are safe from developing pancreatic fistula. . Hepato-Gastroenterology 2012 ; 59 ( 120 ) : 2657 - 2660 ( 2012 年 11 月 )

和文論文
関本貢嗣:A:S状結腸切除術と回盲部切除術ー通常の腹腔鏡下手術との違い B:大腸癌に対するS状結腸切除術ー手術プロセスごとのポイントー 「単項式内視鏡手術 (基本テクニックとその応用)」竹政伊知朗、南江堂、監修 単孔式内視鏡手術研究会、東京、2012年10月

関本貢嗣:直腸癌局所再発に対する手術「第112回日本外科学会定期学術集会特別ビデオセッション記録DVD」メディカルビスタ、福岡、2012年10月

A-2
平尾素宏 : 2. 胃・十二指腸潰瘍 B. 胃・十二指腸潰瘍 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1(1 ) : P. 169 - 178 、 2012 年 10 月 医学書院

池田正孝 : 6. 血液凝固と線溶現象 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1 (1 ) : P. 40 - 46 、 2012 年 10 月 医学書院

池田正孝 : 9. 門脈・脾疾患 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1 ( 1 ) : P. 419 - 426 、 2012 年 10 月 医学書院

池永雅一 : 4. 大腸疾患 D. 大腸憩室症 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1 ( 1 ): P. 272 - 275 、 2012 年 10 月 医学書院


池永雅一   4. 大腸疾患 E. 虚血性腸炎 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1( 1 ): P. 276 - 279 、 2012 年 10 月 医学書院

池永雅一   4. 大腸疾患 F. 大腸穿孔 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1 (1 ): P. 280 - 282 、 2012 年 10 月 医学書院

宮本敦史 : 17. インフォームド・コンセント 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1( 1 ): P. 96 - 99 、 2012 年 10 月 医学書院

宮本敦史 : 18. リスクマネジメント 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1( 1 ): P. 100 - 104 、 2012 年 10 月 医学書院

増田慎三: B.原発乳癌 5.術後化学療法「乳腺腫瘍学」一般社団法人日本乳癌学会、223-231、金原出版株式会社、東京、2012年6月

増田慎三: 10.治療薬の種類と特徴1)抗がん薬 抗がん薬はなぜ効くの?、抗がん薬の種類、抗がん薬の副作用とその対策「乳がん薬物療法 改訂版」戸井雅和、80-93、医薬ジャーナル社、大阪、2012年9月

浅岡忠史 : 7. 胆道疾患 B. 急性胆管炎 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1 ( 1 ): P. 334 - 336 、 2012 年 10 月 医学書院

浅岡忠史 : 7. 胆道疾患 C. 急性胆嚢炎 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1 ( 1 ): P. 337 - 339 、 2012 年 10 月 医学書院

宮崎道彦 : 5. 肛門疾患 A. 痔核 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1 ( 1 ): P. 293 - 294 、 2012 年 10 月 医学書院

宮崎道彦 : 5. 肛門疾患 B. 痔瘻 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1 ( 1 ): P. 295 - 296 、 2012 年 10 月 医学書院

宮崎道彦 : 5. 肛門疾患 C. 直腸脱 「 レジデントのための消化器外科診療マニュアル 」 1 ( 1 ): P. 298 - 299 、 2012 年 10 月 医学書院

A-3
関本貢嗣:腹腔鏡下脾臓摘出術標準術式「症例FILE」(ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社)P3-14、2012 年

友國晃、永野浩昭、関本貢嗣、和田浩志、川本弘一、小林省吾、丸橋繁、江口英利、土岐祐一郎、森正樹:特集 肝胆膵領域のEBM Update 2012肝臓領域のEBM
転移性肝癌―本当に根拠があるのは何か?―「肝胆膵」64 (3)P357-365、2012年3月

辻仲利政:(コメント)骨髄中の播種性腫瘍細胞と切除された食道癌の自然経過「Digestive Surgery」13(1)P.4、2012年4月

藤谷和正 : 胃癌の治療戦略-術後補助化学療法. 「 Approach to Oncology 」 6 (   ) : P. 6 - 8 、 2012 年  

藤谷和正 : 胃がん術後補助化学療法が適応となる症例と、期待される効果. 「 臨床腫瘍プラクティス 」 8 ( 1 ) : P. 33 - 37 、 2012 年  

池永雅一 : まるごと知りたい 手術と術後ケア 15 マイルズ手術・骨盤内臓器全摘術 「 Expert Nurse 」 28 ( 14 ): P. 92 - 98 、 2012 年 11 月

宮本敦史、浅岡忠史、池永雅一、安井昌義、武岡奉均、山岡雄祐、山本和義、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 消化器外科緊急手術におけるSSIの検討 「 日本腹部救急医学会雑誌 」 32 ( 6 ) : P. 1023 - 1026 、 2012 年 9 月

枝園忠彦、岡田知子、露無祐子、江見弥生、西山慶子、増村京子、溝尾妙子、野上智弘、岩本高行、元木崇之、平 成人、松岡順治、中塚幹也、片岡明美、増田慎三、川畑貴美子、宮下美香、徳永えり子、土井原博義: 薬物療法を受ける乳癌患者に対する生殖機能温存相談システムの構築を目標とした妊娠可能期乳癌患者に対するアンケート調査「乳癌の臨床」27(3): P.313-320、2012年

萩谷朗子、高橋かおる、徳永えり子、福内敦、増田慎三、大野真司: 若年性乳癌術後の乳房定期検査の実態-多施設アンケート結果より-「乳癌の臨床」27(2):P.165-170、2012年

浅岡忠史、林覚史、宮本敦史、中森正二   5 肝臓・胆道手術後のドレーン管理 「 消化器外科NURSING 」 17 ( 11 ): P. 51 - 57 、 2012 年 11 月

水谷麻紀子、増田慎三、阿部元、山村順、八十島宏行、児玉良典、梅田朋子、来見良誠、真能正幸、谷徹: HER2陽性乳癌に対する術前化学療法の臨床的検討「癌と化学療法」39(13):P.2521-2526、2012年

三賀森学、池永雅一、安井昌義、宮崎道彦、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政   大腸癌手術における硬膜外麻酔と排尿機能障害に関する検討 「 日本大腸肛門病学会雑誌 」 65 ( 4 ): P. 204 - 208 、 2012 年 4 月

三賀森学、池永雅一、安井昌義、宮崎道彦、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 大腸癌手術後早期経口摂取への取り組みにおける周術期輸液と体重変化の検討 「 日本大腸肛門病学会雑誌 」 65 ( 7 ): P. 349 - 354 、2012 年 7 月

三賀森学、高見康二、大宮英泰、山村順、栗山啓子、児玉良典、中森正二、辻仲利政 : 乳癌手術中に発症した気胸を契機に発見された肺癌の1例 「 日本臨床外科学会雑誌 」 73 ( 11 ): P. 2791 - 2795 、 2012 年 11 月

山岡雄祐、池永雅一、安井昌義、宮崎道彦、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 人工肛門周囲に発生した壊死性筋膜炎の1例 「 日本大腸肛門病学会雑誌 」 65 ( 6 ) : P. 318 - 322 、 2012 年 6 月

山岡雄祐、池永雅一、安井昌義、宮本敦史、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : HIV感染症を合併した消化器癌6例の検討 「 日本外科系連合学会誌 」 37 ( 5 ): P. 966 - 973 、 2012 年 5 月

宮崎道彦、安井昌義、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、田中玲子、辻仲利政 : 結紮切徐術・術後疼痛に対する芍薬甘草湯のNSAIDs上乗せ鎮痛効果ー無作為割付による比較検討ー 「 日本大腸肛門病学会雑誌 」 65 ( 6 ): P. 313 - 317 、 2012 年 6 月

宮崎道彦、田中玲子 : プライマリ・ケア医に求められる肛門疾患の対応 「 Journal of Integrated Medicine JIM 」 22 ( 10 ): P. 741 - 744 、 2012 年 10


宮崎道彦、池永雅一、安井昌義、中塚梨絵、三嶋秀行、中森正二、田中玲子、辻仲利政 : グリセリン浣腸による直腸穿孔およびグリセリンの血管内迷入による溶血が疑われた一例 「 臨床肛門病学 」 4 ( 2 ): P. 111 - 114 、 2012 年 11 月

宮崎道彦、池永雅一、安井昌義、三賀森学、三嶋秀行、中森正二、田中玲子、辻仲利政 : 腰椎麻酔下の自動生検装置によるcore needle biopsyで診断し得た管外型肛門癌の4例 「 臨床肛門病学 」 4 ( 1 ): P. 98 - 103 、 2012 年 11 月

宮崎道彦、池永雅一、安井昌義、田中玲子、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 「排便造影検査は男女間で差があるのか?」 -Defecographyの形態学的有所見における性差に ついての検討- 「 臨床肛門病学 」 4 ( 2 ): P. 85 - 91 、 2012 年 11 月

A-4
関本貢嗣、竹政伊知朗、西村潤一、水島恒和、池田正孝、山本浩文、土岐祐一郎、森正樹 : 腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術. 「 消化器外科 」 35 ( 1 ) : P. 55 - 64 、 2012 年  

関本貢嗣、水島恒和、西村潤一、竹政伊知朗、池田正孝、山本浩文、土岐祐一郎、森正樹   肛門管癌に対する手術適応と術式の選択 「 Surgery Frontier 」 5 ( 2 ) : P. 128 - 131 、 2012 年  

中森正二、浅岡忠史、宮本敦史:膵未分化癌に対する治療選択「胆と膵」33(8):P.665-668、2012年8月

左近賢人、岡義雄、池田正孝 : 悪性腫瘍と血栓塞栓症 「 Modern Physician 」 32 ( 6 ): P. 712 - 716 、 2012 年  

西村潤一、竹政伊知朗、水島恒和、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、森正樹 : 特集 一問一答ではやわかり! 大腸 「 消化器外科 Nursing 」 17 ( 4 ) : P. 338 - 345 、 2012 年  

左近賢人、岡義雄、池田正孝 : 静脈血栓塞栓症の予防と治療 一般外科領域における予防対策 「 Thromosis Medicine 」 2 ( 2 ): P. 134 - 139 、 2012 年  

池田正孝、水島恒和、山本浩文、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹   静脈血栓塞栓症における日本人の特性と新規経口抗凝固薬の適応 「 内科 」 110 ( 1 ) : P. 26 - 30 、 2012 年  


竹政伊知朗、植村守、西村潤一、水島恒和、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹 : 虫垂腫瘍に対する鏡視下手術 「 大腸癌Frontier 」 5 ( 2 ) : P. 164 - 169 、 2012 年  

竹政伊知朗、関本貢嗣、池田正孝、山本浩文、土岐祐一郎、森正樹 : 結腸左半切除術におけるリンパ節郭清 「 手術 」 66 ( 6 ): P. 855 - 862 、 2012 年  

池田正孝、左近賢人、畑泰司、植村守、西村潤一、竹政伊知朗、池永雅一、水島恒和、山本浩文、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹 : 外科患者のVTE予防・治療における新規抗凝固薬の位置づけ 「 血液フロンティア 」 22 ( 7 ) : P. 81 - 86 、 2012 年 7 月

増田慎三、大野真司、Mark D.Pegram, 柏葉匡寛、向井博文:座談会 HER2陽性乳癌の治療戦略「Cancer Board」5(1):P.29-37 、2012年4月

増田慎三、八十島宏行、水谷麻紀子、山村 順:特集 遺伝性乳癌卵巣癌診療の新時代 わが国におけるTriple Negative 乳癌治療の現状と課題「癌と化学療法」39(4):P.512-518 2012年4月

増田慎三: 乳癌センチネルリンパ節生検のピットフォール ピットフォール@「センチネルリンパ節生検 手技・エビデンス・ピットフォール」丹黒 章、P.186-190、日本医事新報社、2012年5月

増田慎三: 乳癌診断コンセンサス 乳癌病期分類-微小転移検索とその臨床的意義 Current status and perspective on the micrometastases of breast cancer「医学のあゆみ」242(1):P.17-23、2012年7月

増田慎三、戸井雅和、黒井克昌: Z.特論 多施設共同大規模データベースの意義 JBCRG(Japan Breast Cancer Reserch Group)の現況と展望「日本臨牀」70(7):P.763-772、2012年9月

増田慎三、戸井雅和、笠井宏委: Neo-LaTH試験(HER2陽性乳癌におけるDual-HER2 blockage療法ホルモン療法の検討:ランダム化第U相試験)「CANCER BOARD乳癌」5(2):P.71-73、2012年

増田慎三: 医師主導治験を円滑に実施するために-自ら治験を実施するもの/治験調整医師を経験して「薬理と治療」41(1):P.27-33、2013年1月

増田慎三: 乳癌における抗HER2療法について「Cancer Board」6(1)、2013年

水谷麻紀子、増田慎三: 乳がんの疫学・リスクファクター「乳がん A to Z」田中完児・太田麻矢、P.4-9、NPO法人J.POSH、2012年10月

後藤裕信、藤谷和正、平尾素宏、池永雅一、辻仲利政 : 早期胃癌の手術待機中にVirchow転移、播種性骨髄癌症を認め急激な転帰をとった1例 「 日本臨床外科学会雑誌 」 73 ( 3 ): P. 574 - 580 、 2012 年 3 月

武岡奉均、安井昌義、宮崎道彦、池永雅一、三嶋秀行、辻仲利政 : 人工肛門脱出に対する非開腹術の経験 「 臨床雑誌 外科 」 74 ( 7 ): P. 762 - 764 、 2012 年 7 月

宮崎道彦、安井昌義、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、田中玲子、辻仲利政 : 80歳以上の高齢者の肛門疾患に対する外科治療とその管理 「 臨床肛門病学会誌 」 4 ( 1 ): P. 36 - 39 、 2012 年 6 月

A-6
大宮英泰、高見康二、栗山啓子、真能正幸 : 自然気胸手術標本で偶然発見された肺癌の1例 「 日本呼吸器外科学会雑誌 」 26 ( 5 ): P. 71 - 74 、 2012 年 7 月

国際学会発表
Sekimoto M,Takemasa I, Nishimura J,Mizushima T,Ikeda M.,Yamamoto H.,Tanigawa T.,Doki Y.,Hosakawa K, Mori M.P167 LAPAROSCOPIC CONSTRUCTION OF A NEOVAGINA USING SIGMOID COLON VIA A SINGLE UMBILICAL INCISION: A CASE REPORT.20th International Congress of the European Association for Endoscopic Surgery (EAES),Belgium,2012年6 月

OhtaK,Haraguchi N, Ishii H,Sekimoto M,Doki Y, Mori M."47Epigenetic Regulation in Colon Cancer Stem Cell.65thANNUALCancer SYMPOSIUM Society of Surgical Oncology,Orlando 2012年3月

Ueno M, Okusaka T, Mizusawa J, Takashima A, Morizane C, Ikeda M, Hamamoto Y, Ishii H, Hara H, Fukutomi A, Furukawa M, Nagase M, Yamaguchi T, Yamao K, Nakamori S, Ioka T, Iguchi H, Miyakawa H, Boku N, Furuse J. Randomized phase Utrial of gemcitabine plus S-1 combination therapy versus S-1in advanced biliary tract cancer: Results of the Japan Clinical Oncology Group study(JCOG0805). ASCO 2012 , Chicago, USA , 2012 年 6 月

Okusaka T, Ohkawa S, Isayama H, Fukutomi A, Yamaguchi K, Ikeda M, Funakoshi A, Nagase M,Nakamori S, Hamamoto Y. Randomized phase Utrial of S-1 versus S-1 plus oxaliplatin(sox) in patients with gemcitabine refractory pancreatic cancer. ESMO 2012 , Vienna, Austria , 2012 年 9 月

Uesaka K, Fukutomi A, Boku N, Kanemoto H, Konishi M, Matsumoto I, Kaneoka Y, Shimizu Y, Nakamori S, Sakamoto H, Morinaga S, Kainuma O, Imai K, Sata N, Hishinuma S, Nakamura T, Kanai M, Hirano S, Yoshikawa Y, Ohashi Y. Randomized phase III trial of adjuvant chemotherapy with gemcitabine versusA S-1 for patients withA resected pancreatic cancer (JASPAC-01 study). 2013 Gastrointestinal Cancers Symposium , San Francisco, USA , 2013 年 1 月

Fujitani K . Impact of pretreatments systemic inflammatory reasponse on survival in AGC patlents receiving first-llne chemotherapy , ASCO-GI 2013 , San Furancisco , 2013 年 1 月

Takami K,Omiya H,Sekimoto M,Okami J,Higashiyama M,Kodama K . INTRAOPERATIVE PLEURAL LAVAGE CYTOLOGY AND PERICARDIAL EFFUSION CYTOLOGY FOR THYMIC EPITHELIAL TUMORS , 22nd Annual Congress of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia , Kota Kinabalu,Sabah,Malaysian Borneo , 2012 年 11 月

Hirao M,Takami K,Omiya H,Fujitani K,Yamamoto K,Nakamori S,Mishima H,Ikenaga M,Yasui M,Miyamoto A,Asaoka T,Tsujinaka T . PULMONARY METASTASECTOMY FOR METASTASIS OF ESOPHAGEAL SQUAMOUS CELL CARCINOMA AFTER ESOPHAGECTOMY , 10th International Conference of The ACOS 2012 , Seoul,Korea , 2012 年 6 月

Omiya H,Takami K,Sekimoto M,Kuriyama K,Mano M . PREOPERATIVE FDG-PET FOR PROGOSTICATION IN PATIENTS UNDERGOING SURGICAL TREATMENT FOR PRIMARY LUNG CANCER , 22nd Annual Congress of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia , Kota Kinabalu,Sabah,Malaysian Borneo , 2012 年 11 月



Masuda N. Oncotype DX predicts endocrine sensitivity in the post menopausal breast cancer. WJOG 4th International Symposium on Clinical Trials, Fukuoka, 2012年4月

Noguchi S, Masuda N, Ito Y, Iwata H, Mukai H, horiguchi J, Tokuda Y, Kuroi K, Iwase H, Inaji H, Ohsumi S, Piccart M, Hortobagyi GN, Rugo HS, Gnant M, Campone M, Sahmoud T,
Pritchard Kl, Burris H, Baselga J. BOLERO-2: Everolimus with exemestane versus exemestane alone in asian patients with HER-2-Negative,Hormon-Receptor-Positive Breast Cancer. 2012 ASCO Annual Meeting, Chicago, USA, 2012年6月
Imoto S, Aikou T, Takei H, Wada N ,Aihara T, Inaba M , Motomura K, Masuda N, Nagashima T, Jinno H, Miura D, Saito M, Morita S ,Sakamoto J ,Kitajima M. Prognosis of early breast cancer patients treated with sentinel node biopsy.A prospective study from the Japanese Society for Sentinel Node Navigation Surgery. 2012 ASCO Annual Meeting, Chicago, USA, 2012年6月

Kinoshita T, Yamamoto N, Fujisawa T, Takabatake D, Wada N, Masuda N,Tsuda H, Doihara H, Takahashi M. A multicenter prospective study of image-guided radiofrequency ablation for small breast carcinomas. 2012 ASCO Annual Meeting, Chicago, USA, 2012年6月

Cortes J, Swain S.M, Kudaba I , Hauschild, Ptel T, Grincuka E, Masuda N, McNally V, Visich J, Baselga J. Pharmacokinetics(PK) of pertuzumab(P) with trastuzumab(T) and docetaxel (D) in HER2'positive first'line metastatic breast cancer(MBC) : Results from the Phase III trial CLEOPATRA. ESMO 2012, Vienna, Austria, 2012年9月

Saji S, Takada M, Honma N, Masuda N, Yamamoto Y,Kuroi K, Yamashita H ,Ohno S, Ueno T, Toi M. Serum concentration of Estrone (E1),not Estradiol (E2),is the independent predictive factor of response to neo-adjuvant eemestane treatment in postmenopausal breast cancer patients:JFMC34-0601 TR. ESMO 2012, Vienna, Austria, 2012年9月

Sato N, Yamamoto D, Rai Y, Iwase H, Saito M, Iwata H, Masuda N, Oura S, Watanabe J, Kuroi K. Evaluation on Efficacy and Safety of Capecitabine Plus Docetaxel Versus DocetaxelMonotherapy in Metastatic Breast Cancer Patients Pretreated with Anthracycline: Results from a Randomized Phase III Study (JO21095). #35 San Antonio Breast Cancer Symposium 2012, S.Antonio, USA, 2012年12月

Toi M, Ohno S, Sato N, Masuda N, Sasano H, Takahashi F, Bando H, Iwata H, Morimoto T, Kamigaki S, Nakayama T, Murakami S, Nakamura S, Kuroi K, Aogi K, Kashiwaba M, Yamashita H, Hisamatsu K, Ito Y, Yamamoto Y, Ueno T, Fakhrejahani E, Yoshida N, Chow LWC. Preoperative Docetaxel (T) with or without Capecitabine (X) Following Epirubicin, 5-Fluorouracil and Cyclophosphamide (FEC) in Patients with Operable Breast Cancer (OOTR N003): Results of Comparative Study and Predictive Marker Analysis. #35 San Antonio Breast Cancer Symposium 2012, S.Antonio, USA, 2012年12月

Masuda N, Sato N, Higaki K, Kashiwaba M, Matsunami N, Takano T, Yamamura J, Kaneko K, Takahashi M, Ohno S, Fujisawa T, Tsuyuki S, Miyoshi Y, Ohtani S, Yamamoto Y, Bando H, Onoda T, Kawabata H, Morita S, Ueno T, Toi M. A Prospective Multicenter Randomized Phase II Neo-Adjuvant Study of 5-Fluorouracil, Epirubicin and Cyclophosphamide (FEC) Followed by Docetaxel, Cyclophosphamide and Trastuzumab (TCH) Versus TCH Followed by FEC Versus TCH Alone, in Patients (pts) with Operable HER2 Positive Breast Cancer: JBCRG-10 Study. #35 San Antonio Breast Cancer Symposium 2012, S.Antonio, USA, 2012年12月

Kim SJ, Masuda N, Tsukamoto F, Inaji H, Akiyama F, Sonoo H, Kurebayashi J, Yoshidome K, Tsujimoto M, Takei H, Masuda S, Nakamura S, Noguchi S. Cell Cycle Profiling ? Risk Score (C2P-RS) Based on the Specific Activity of CDK1 and CDK2 Predicts Relapse in Node-Negative, Hormone Receptor-Positive Breast Cancer Treated with Endocrine Therapy. #35 San Antonio Breast Cancer Symposium 2012, S.Antonio, USA, 2012年12月

Hojo T, Tamura K, Masuda N, Inoue K, Kinoshita T, Fujisawa T, Hara F, Saji S, Asaga S, Anan K, Yamamoto N, Wada N, Takahashi M, Nakagami K, Kuroi K, Iwata H. Survival Impact of Early Detection of Recurrence after Surgery in Early Breast Cancer Patients. #35 San Antonio Breast Cancer Symposium 2012, S.Antonio, USA, 2012年12月

Takada M, Saji S, Honma N, Masuda N, Yamamoto Y, Kuroi K, Yamashita H, Ohno S, Aogi K, Ueno T, Toi M. Increase of Serum Androgen and Its Metabolites in Postmenopausal Primary Breast Cancer Patients with Disease Progression during Neo-Adjuvant Exemestane Treatment; JFMC 34-0601 TR. #35 San Antonio Breast Cancer Symposium 2012, S.Antonio, USA, 2012年12月

Sato F, Wang Z, Ueno T, Myomoto A, Takizawa S, Masuda N, Mikami Y, Shimizu K, Tsujimoto G, Toi M. Prediction of Trastuzumab Treatment Response for HER2-Positive Breast Cancer by microRNA Profiling. #35 San Antonio Breast Cancer Symposium 2012, S.Antonio, USA, 2012年12月

Masuda N, Ito Y, Takao S, Doihara H, Rai Y, Horiguchi J, Kohno N, Fujiwara Y, Tokuda Y, Watanabe J, Iwata H, Ishiguro H, Miyoshi Y, Matsubara M, Kashiwaba M. A Multicenter Phase 2 Study (JO22997) Evaluating the Efficacy and Safety of TrastuzumabEmtansine in Japanese Patients With Heavily Pretreated HER2-Positive Metastatic Breast Cancer. #35 San Antonio Breast Cancer Symposium 2012, S.Antonio, USA, 2012年12月

Masuda N, Yamamoto D, Sato N, Sagara Y, Yamamoto Y, Saito M, Iwata H, Oura S, Watanabe J, Kuroi K. Evaluation of Circulating Tumor Cell as a Marker of Prognosis and Efficacy in a Randomized Phase III Study in HER2 Negative Metastatic Breast Cancer Patients Treated with Capecitabine and Docetaxel: JO21095 Study. #35 San Antonio Breast Cancer Symposium 2012, S.Antonio, USA, 2012年12月

N. Masuda, H. Yamashiro, H. Iwata, R. Nishimura, N. Sato, T. Kamio, T. Saito, T. Lee, S. Yasuno, M. Toi. Cohort study evaluating trastuzumab in HER2 positive early breast cancer in Japan; JBCRG-C01. 13th St. Gallen International Breast Cancer Conference 2013, Swiss, 2013年3月

M Sugimoto, M. Takada, S. Ohno, k. Kuroi, N. Sato, H. Bando, N. Masuda, H. Iwata, M. Kondo, H. Sasano, T. Inamoto, Y. Naito, M. Tomita, M. Toi. AOSOP16 DEVELOPMENT OF WEB TOOLS TO PREDICT PATHOLOGICAL RESPONSE TO NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY AND AXILLARY LYMPH NODE METASTASIS IN BREAST CANCER PATIENTS. 5th Asian Oncology Summit and 9th Annual Conference of the Organisation for Oncology and Translational Research, Thailand, 2013年3月

国内学会・研究会 発表・講演
関本貢嗣:特別講演2標準治療となりつつある単行式内視鏡手術。第18回 北摂胃腸研究会 学術講演会、大阪、2012年1月

関本貢嗣:高度進行直腸癌・直腸癌局所再発に対する外科治療。第44回 兵庫県手術手技研究会、兵庫、2012年4月

関本貢嗣:U.外科(Ua) 下部直腸癌に対する外科治療3) 骨盤内臓器全摘術 。日本大腸肛門病学会第21回教育セミナー、横浜 、2012年5月

太田勝也、原口直紹、賀川義規、加納義浩、西川晋平、福角隆仁、坂井大介、山本浩文、関本貢嗣、佐藤太郎、土岐祐一郎、森正樹、石井秀始:IS10-6 エピジェネティクスによる大腸癌幹細胞維持機構。第71回 日本癌学会学術総会、札幌、2012年9月

太田勝也、原口直紹、賀川義規、加納義浩、西川晋平、福角隆仁、坂井大介、西村潤一、水島恒和、山本浩文、関本貢嗣、佐藤太郎、土岐祐一郎、森正樹、石井秀始:S5-2 エピジェネティクスによる大腸癌幹細胞維持機構。第22回 日本サイトメトリー学会 学術集会、大阪 2012年6月

SekimotoM,Ikeda M, Ikenaga M, Mishima H, Yasui M, Nakamori S, Fujitani M, Hirao M, Miyamoto A, Asaoka T, Yamamoto K, Doki Y, MmoriM.:Operation for Locally Recurrent Rectal Cancer. 第67回日本大腸肛門病学会学術集会Korea-Japan Joint Symposium、福岡、2012年11月

関本貢嗣、瀧口修司、西村潤一、竹政伊知朗、水島恒和、池田正孝、山本浩文、森正樹、宮崎文夫、西川敦:ゆらぎ理論による完全自動化内視鏡操作ロボットの開発。第67回日本消化器外科学会総会、富山、2012年7月

関本貢嗣、瀧口修司、植村 守、西村潤一、竹政伊知郎、水島恒和、池田正孝、山本浩文、土岐祐一郎、森 正樹、宮崎文夫、西川 敦:生物の行動理論を用いた自動化内視鏡操作ロボットの開発。第25回日本内視鏡外科学会総会、 横浜、2012年12月

辻仲利政:なぜ悪い大阪のがん治療成績。第84回日本胃癌学会総会市民公開講座、大阪、2012年2月

辻仲利政:第84回日本胃癌学会総会会長講演。第84回日本胃癌学会総会、大阪、2012年2月

菊池正二郎、盛本浩二、中森正二、竹村雅至、堀高明、大嶋勉、松本友寛、海辺展明、山下英孝、多田武志、小澤りえ、廣田誠一、前山義博、笹子三津留:胃がんにおけるEMTと胃がん-がん関連線維芽細胞の相互作用解析。第112回日本外科学会定期学術集会、千葉、2012年4月

菊池正二郎、前山義博、小澤りえ、海辺展明、山下英孝、松本友寛、大嶋勉、堀高明、竹村雅至、盛本浩二、中森正二、廣田誠一、笹子三津留:スキルス胃癌浸潤における微小環境の関与。第21回日本がん転移学会学術集会・総会、広島、2012年7月

三嶋秀行、池永雅一、安井昌義、宮崎道彦、豊川晃宏、河野透、鈴村和義、辻仲利政 : 最適なキードラッグの使い方と問題解決の方向性 。 第37回日本外科系連合学会学術集会 、 福岡 、 2012 年 6 月

  藤谷和正 : 多施設共同臨床試験-ガイドラインへの掲載を夢見て 。 第191回近畿外科学会 、 大阪 、 2012 年 5 月  

藤谷和正 : 肝転移を伴う胃癌に対する治療戦略ー前向き臨床試験の取り組みー。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月  

藤谷和正 : HER2陽性胃癌の治療ー現状と外科領域における可能性 。 第50回日本癌治療学会学術集会 、横浜 、 2012 年 11 月  

藤谷和正、辻仲利政、藤田淳也、宮代勲、今村博司、木村豊、小林研二、黒川幸典、下川敏雄、古川洋 : 胃癌に対する胃全摘症例における術前経腸免疫栄養の有用性に関する前向きランダム化試験 。 第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会 、 金沢 、 2013 年 2 月 小越章平記念Best Paper in The Year 受賞講演

藤谷和正 : 進行・再発胃癌に対する2nd- Line治療は毒性profileに基づいて選択される 。 第85回日本胃癌学会総会特別シンポジウム 、 大阪 、 2013 年 3 月  

藤谷和正 : 胃癌化学療法のプラットフォームはどこに向かうのか? 第85回日本胃癌学会総会ランチョンセミナー 、 大阪 、 2013 年 3 月

  平尾素宏、藤谷和正、山本和義、中森正二、池田正孝、池永雅一、宮本敦史、浅岡忠史、関本貢嗣、辻仲利政 : 上部消化管手術周術期の持続的経皮的血糖値モニタリングの試み 。 第85回日本胃癌学会総会 、 大阪 、 2013 年 2 月

  賀川義規、石井秀始、竹政伊知朗、水島恒和、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、土岐祐一郎、石井優、森正樹 : 癌の生体イメージング ー細胞周期と細胞可動性についてー. 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月  

原口直紹、石井秀始、竹政伊知朗、水島恒和、西村潤一、植村守、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、永野浩昭、土岐祐一郎、森正樹 : 癌幹細胞の細胞学的特性解析に基づく治療標的化 。 第71回日本癌学会学術総会 、 札幌 、 2012 年 9 月  

水島恒和、関本貢嗣、山本 浩文、池田正孝、竹政 伊知朗、西村 潤一、植村 守、原口 直紹、土岐 祐一郎、森 正樹 : 進行直腸癌症例に対する術前
XELOX+Bevacizumab 療法の検討 。 第50回日本癌治療学会学術集会 、 横浜 、
2012 年 10 月  

浜部敦史、山本浩文、西村潤一、太田勝也、高橋秀和、植村守、原口直紹、竹政伊知朗、水島恒和、池田正孝、関本貢嗣、石井秀治、土岐祐一郎、森正樹 : Leucine-rich repeat-containing G-protein-coupled receptor 5 (Lgr5)のヒト腸管における発現解析 。 第23回日本消化器癌発生学会総会 、 徳島 、 2012 年 11 月  

池田正孝 : 静脈血栓症/肺塞栓症部会「最近の海外のVTE予防ガイドラインの動向ー一般外科・癌関係 。 第7回日本血栓止血学会学術標準化委員会シンポジウム 、 東京 、 2013 年 1 月  

宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、山本和義、安井昌義、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政 : 肝切除における周術期栄養管理:術前経口補液と早期経腸栄養の認容性と効果 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月  

宮本敦史、浅岡忠史、武岡奉均、山岡雄祐、山本和義、安井昌義、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、高見康二、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : 外科病棟における多剤耐性菌対策の現状と課題 。 第25回日本感染症外科学会総会 、 幕張 、 2012 年 11 月  

増田慎三:ランチョンセミナー「進行・再発乳がん治療における血管新生阻害剤を用いた新しいアプローチ。第112回日本外科学会定期学術集会、千葉、2012年4月

枝園忠彦、木下貴之、平成人、土井原博義、青儀健二郎、増田慎三、藤澤知巳、三好和也、中上和彦、徳田 裕、片山 宏、中村健一、元木崇之、松岡順治、井上賢一、岩田広治:薬物療法非抵抗性Stage IV乳癌に対する原発巣切除の意義(原発巣切除なしversusuあり)に関するランダム化試験:JCOG1017。第112回日本外科学会定期学術集会、千葉、2012年4月

増田慎三:Global trial(開発治験・臨床試験)に参加して‐その現状と展望。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

増田慎三:乳癌の術後補助療法。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

増田慎三:Current status and future perspective in treatment of HER2-positive breast cancer.HER2陽性原発性乳がんの治療。第10回日本臨床腫瘍学会学術総会、大阪、2012年7月

増田慎三:医師主導治験を円滑に実施するために〜自ら治験を実施するもの/治験調整医師を経験して。第12回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2012 in 大宮、埼玉、2012年9月

増田慎三:進行・再発乳癌に対する新たな治療戦略。第22回日本乳癌検診学会学術総会ランチョンセミナー、沖縄、2012年11月

増田慎三:これからの乳癌診療に求められるもの''collaborating''。第66回国立病院総合医学会、神戸、2012年11月

増田慎三:HER2陽性乳癌の治療の現状と展望-Dual HER2 Blockage-。第74回日本臨床外科学会総会、東京、2012年11月

安井昌義、畑泰司、村田幸平、奥山正樹、大植雅之、池田正孝、上島成幸、木谷光太郎、長谷川順一、玉川浩司、藤井眞、大川淳、加藤健志、森田俊治、福崎孝幸、水島恒和、関本貢嗣、根津理一郎、土岐祐一郎、森正樹 : フォンダパリヌクスナトリウムによる大腸癌手術施行患者の静脈血栓塞栓症の予防に対する有効性と安全性の検討。 第112回日本外科学会定期学術集会 、幕張 、2012 年 4 月  

山本和義、石井秀始、文正浩、平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政、土岐祐一郎、森正樹 : NMBAを用いた下部食道発癌モデルマウスにおける未分化関連遺伝子発現変化の検討。 第22回日本サイトメトリー学会学術集会 、大阪 、2012 年 6 月  

武岡奉均、藤谷和正、平尾素宏、山本和義、浅岡忠史、池永雅一、宮本敦史、宮崎道彦、池田正孝、中森正二、関本貢嗣 : 胃癌転移に対する治療方法に関する検討 。 第85回日本胃癌学会総会 、 大阪 、 2013 年 2 月  

永井健一、石井秀始、三吉範克、星野宏光、富丸慶人、小林省吾、永野浩昭、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹:O5-4 ES細胞様遺伝子による胆管細胞癌細胞reprogrammingその長期培養系における悪性度の検討。第22回日本サイトメトリー学会学術集会、大阪、2012年6月

岡田 彩、大池敦子、近藤美由紀、藤田和代、鳥山明子、庄野裕志、島田志美、西野万寿子、風間敬一、林伊吹、辻仲利政:入院患者における継続的な栄養スクリーニングの検討。第27回日本静脈経腸栄養学会、神戸、2012 年2月

大池敦子、藤田和代、鳥山明子、岡田彩、庄野裕志、島田志美、西野万寿子、風間敬一、林伊吹、辻仲利政:SGA(主観的包括的栄養評価)とODA(客観的栄養評価)の評価結果に影響する要因の検討。第27回日本静脈経腸栄養学会、神戸、2012年2月

中森正二、宮本敦史、浅岡忠史:膵切除における腹腔鏡下手術と開腹手術の適応。第24回日本肝胆膵外科学会・学術集会、大阪、2012年5月 

前山義博、菊池正二郎、竹村雅至、盛本浩二、中森正二、廣田誠一、笹子三津留:スキルス胃がん浸潤におけるがん関連線維芽細胞の役割。第21回日本がん転移学会学術集会・総会、広島、2012年7月

菊池正二郎、盛本浩二、中森正二、竹村雅至、堀高明、大嶋勉、松本友寛、海邊展明、前山義博、笹子三津留:胃がん浸潤と腹膜転移におけるがん-がん微小環境の相互作用解析。第67回日本消化器外科学会総会、富山、2012年7月

前山義博、菊池正二郎、仁和浩貴、盛本浩二、竹村雅至 、中森正二、廣田誠一、笹子三津留 :スキルス胃がん細胞の移動におけるがん関連線維芽細胞の役割。第71回日本癌学会学術総会、札幌、2012年9月 

Kikuchi S, Maeyama Y, Morimoto K, Niwa H, Matsumoto T, Kaibe N, Yamashita H, Oshima T, Hori T, Takemura M, Nakamori S, Hirota S, Sasako M. : Crosstalk between cancer cells and fibroblasts is a poor risk factor of recurrence in gastric cancer patients. 第 71 回日本癌学会学術総会、札幌、 2012 年 9 月

三嶋秀行 : XELOX療法の術後補助化学療法と副作用管理 。 福岡大腸癌治療セミナー 、 福岡 、 2012 年 4 月

藤谷和正、宮代勲、三方彰喜、田村茂行、今村博司、黒川幸典、原譲次、藤田淳也、西川和宏、木村豊、瀧口修司、森正樹、土岐祐一郎 : Siewert type U食道胃接合部浸潤胃癌におけるリンパ節郭清効果からみた適切な胃切除範囲ー多施設共同コホ-ト研究ー 。 第112回日本外科学会定期学術集会 、 幕張 、 2012 年 4 月

見康二、大宮英泰、山本和義、浅岡忠史、安井昌義、宮本敦史、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、栗山啓子、真能正幸、辻仲利政 : 肺腫瘍術前CTガイド下腫瘍マーキングの有用性に関する検討 。 第112回日本外科学会定期学術集会 、 幕張 、 2012 年 4 月

見康二、大宮英泰、浅岡忠史、山本和義、安井昌義、宮本敦史、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 上大静脈と左右の腕頭静脈および心嚢に浸潤し合併切除と血行再建を施行した胸腺腫の一例 。 第29回日本呼吸器外科学会総会 、 秋田 、 2012 年 5 月

見康二、大宮英泰、中森正二、安藤性實、木村剛、宮本智、小河原光正、栗山啓子、真能正幸、辻仲利政 : イレッサを長期内服後に手術切除を施行した肺腺癌の1例 。 第53回日本肺癌学会総会 、 岡山 、 2012 年 11 月

平尾素宏、辻仲利政、堅田親利、金子和弘、小田一郎、清水勇一、土山寿志、小池智幸、滝沢耕平、武藤学 : 食道と胃の重複癌の検討ー「食道癌EMR/ESD多施設前向きコホ-ト研究」からー 。 第66回日本食道学会学術集会 、 軽井沢 、 2012 年 6 月

平尾素宏、藤谷和正、山本和義、中森正二、三嶋秀行、池永雅一、宮本敦史、安井昌義、浅岡忠史、辻仲利政 : 残胃癌外科的切除例の検討 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

池田正孝、関本貢嗣、西村潤一、竹政伊知朗、水島恒和、山本浩文、土岐祐一郎、森正樹 : 当院における単孔式腹腔鏡下脾臓摘出術の経験 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

太田勝也、原口直紹、西村潤一、水島恒和、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、石井秀始、土岐祐一郎、森正樹 : 大腸癌幹細胞を維持するエピジェネティックス 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

大塚正久、西村潤一、竹政伊知朗、水島恒和、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹 : 骨盤内良性疾患に対し単孔式腹腔鏡手術を施行した3例 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

荻野崇之、西村潤一、竹政伊知朗、水島恒和、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹 : 右側結腸における血管分岐形態の検討. 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

鈴木陽三、西村潤一、竹政伊知朗、水島恒和、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹 : 当科における局所進行直腸癌に対する術前化学療法の検討. 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

竹政伊知朗、西村潤一、水島恒和、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹 : 大腸癌鏡視下手術におけるタブレット端末を活用したmulti-image3次元合成画像術中ナビゲーション 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

浜部敦史、竹政伊知朗、西村潤一、水島恒和、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹 : 大腸癌に対する単孔式腹腔鏡下手術のFeasibitilyの検討:通常腹腔鏡手術との比較. 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

水島恒和、中島清一、関本貢嗣、山本浩文、池田正孝、竹政伊知朗、西村潤一、根津理一郎、土岐祐一郎、森正樹 : クローン病診療における外科の役割 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

山本浩文、大塚正久、大城良太、呉しん、西村潤一、水島恒和、池田正孝、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹 : C4.4A GP1認識抗体を用いた消化器癌再発の臨床診断 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

大久保恵太、西村潤一、竹政伊知朗、水島恒和、池田正孝、山本浩文、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹 : 単孔式腹腔鏡手術にて修復しえた傍十二指腸ヘルニアの1例 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

西村 潤一、関本貢嗣、竹政伊知朗、水島恒和、池田正孝、山本浩文、土岐祐一郎、森正樹 : 当科における直腸癌に対する腹腔鏡下両側側方郭清 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

宮崎進、山本浩文、西村潤一、竹政伊知朗、水島恒和、池田正孝、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹 : 低酸素領域におけるJMJD1Aの発現とEMTを介した薬剤抵抗性との相関 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

鈴木陽三、山本浩文、植村守、西村潤一、竹政伊知朗、水島恒和、池田正孝、関本貢嗣、石井秀始、土岐祐一郎、森正樹 : 大腸癌における新規細胞周期関連細胞表面マーカーとしてのSSEA-3 。 第71回日本癌学会学術総会 、 札幌 、 2012 年 9 月

大塚正久、山本浩文、植村守、西村潤一、竹政伊知朗、水島恒和、池田正孝、関本貢嗣、土岐祐一郎、森正樹 : 食道癌におけるC4.4A発現の意義 。 第71回日本癌学会学術総会 、 札幌 、 2012 年 9 月

竹山廣志、山本 浩文、三森 功志、原口 直紹、植村 守、西村 潤一、竹政 伊知朗、水島 恒和、池田正孝、関本貢嗣、土岐 祐一郎、森 正樹 : 大腸癌の転移機構における骨髄miRNAの関与 。 第50回日本癌治療学会学術集会 、 横浜 、 2012 年 10 月

池田正孝、関本貢嗣、植村守、西村潤一、竹政伊知朗、水島恒和、山本浩文、土岐祐一郎、森正樹 : 直腸癌局所再発症例に対する治療戦略 。 第67回日本大腸肛門病学会学術集会 、 福岡 、 2012 年 11 月

池田正孝、関本貢嗣、安井昌義、池永雅一、植村守、西村潤一、竹政伊知朗、水島恒和、山本浩文 : 直腸癌局所再発に対して腹腔鏡下仙骨合併腹会陰式直腸切断術を行った1例 。 第25回日本内視鏡外科学会総会 、 横浜 、 2012 年 12 月

池永雅一、山岡雄祐、安井昌義、宮崎道彦、三嶋秀行、宮本敦史、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : 高齢者大腸癌手術症例の周術期合併症の検討ーERASプロトコール実践にむけてー 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

池永雅一、三嶋秀行、安井昌義、宮崎道彦、中森正二、辻仲利政 : ERAS わかっているけど、始められない 。 第67回日本大腸肛門病学会 、 福岡 、 2012 年 11 月

池永雅一、山岡雄祐、安井昌義、三嶋秀行、山本和義、浅岡忠史、宮本敦史、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : 高齢者大腸癌手術症例の術前・術後合併症ー年齢細分化による検討ー 。 第74回日本臨床外科学会総会 、 東京 、 2012 年 11 月

大宮英泰、高見康二、辻仲利政、上平朝子、白阪琢磨、栗山啓子、児玉良典、真能正幸 : HIV感染合併症例における呼吸器外科手術 。 第29回日本呼吸器外科学会総会 、 秋田 、 2012 年 5 月

大宮英泰、高見康二、辻仲利政、安藤性寶、木村剛、宮本智、小河原光正、栗山啓子、田中英一、児玉良典、真能正幸 : 肺腺扁平上皮癌術後、異時性に気管支内腔に発生した大細胞神経内分泌癌の1例 。 第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 、 東京 、 2012 年 5 月

大宮英泰、高見康二、中森正二、辻仲利政、小河原光正、栗山啓子、真能正幸 : 腫瘍径20o以下の非小細胞肺癌手術例における術前FDG-PETに関する検討 。 第53回日本肺癌学会総会 、 岡山 、 2012 年 11 月

宮本敦史、中森正二、辻江正徳、浅岡忠史、八十島宏行、山本和義、山村順、安井昌義、増田慎三、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、高見康二、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政 : 肝切除症例におけるERASプロトコルの実践とアウトカムの評価 。 第112回日本外科学会定期学術集会 、 幕張 、 2012 年 4 月

宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、山本和義、安井昌義、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政 : 大腸癌肝転移症例における肝切除前化学療法の安全性と効果 。 第24回日本肝胆膵外科学会学術集会 、 大阪 、 2012 年 5 月

宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、山本和義、安井昌義、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政 : 肝癌切除後の多発残肝再発に対する治療:減量再肝切除の安全性と効果 。 第48回日本肝臓学会総会 、 金沢 、 2012 年 6 月

宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、山本和義、安井昌義、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政 : 高齢者膵癌症例に対する膵切除術の適応に関する検討 。 第43回日本膵臓学会大会 、 山形 、 2012 年 6 月

宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、山本和義、安井昌義、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政 : 術前化学療法施行後の肝切除の安全性ー大腸癌肝転移症例における検討 。 JDDW2012 KOBE 、 神戸 、 2012 年 10 月

宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、山本和義、安井昌義、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政 : 大腸癌肝転移症例に対する化学療法後肝切除の安全性に関する検討 。 第50回日本癌治療学会学術集会 、 横浜 、 2012 年 10 月

宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、山本和義、安井昌義、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政 : 肝切除症例におけるERASの概念を取り入れた周術期管理 。 第74回日本臨床外科学会総会 、 東京 、 2012 年 11 月

井本 滋、愛甲 孝、神野浩光、武井寛幸、津川浩一郎、津田 均、増田慎三、元村和由、坂本純一、北島正樹:センチネルリン節生検の臨床的意義-Sentinel Node Navigation Surgery(SNNS)研究会からの報告。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

大住省三、岩瀬拓士、稲治英生、佐藤信昭、増田慎三、西村令喜、向井博文:乳癌肺単独転移症例の外科的切除成績-多施設後ろ向き調査結果-。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

野澤佳子、大島 彰、徳永えり子、増田慎三、四方文子、北野敦子、福内 敦、大野真司:45歳以下の患者における乳房再建術に対する意識と現状。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

高橋 都、大島 彰、増田慎三、四方文子、北野敦子、徳永えり子、福内 敦、大野真司:若年乳がん患者の就労変化と支援ニーズ-多施設質問紙調査の結果から。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

高田正泰、杉本昌弘、大野真司、黒井克昌、佐藤伸昭、坂東裕子、増田慎三、岩田広治、近藤正英、笹野公伸、稲本 俊、内藤泰宏、富田 勝、戸井雅和:データマイニングを用いた新しい術前化学療法の治療効果予測モデルの開発。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

四方文子、増田慎三、水谷麻紀子、大島 彰、徳永えり子、北野敦子、高橋 都、福内 敦、野澤佳子、大野真司:若年性乳がん患者の情報収集方法とニーズ。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

西田幸弘、富永修盛、増田慎三、鶴谷純司、佐藤太郎、川上尚人、岡本 勇、森本 卓、山口正秀、松並展輝、新井貴志、坂本純一、中山貴寛、中川和彦:アンスラまたはタキサン耐性のHER2陽性乳癌に対するCPT-11+trastuzumab併用療法におけるfeasibility trial。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

長谷川善枝、藤澤知巳、大谷彰一郎、中村力也、坂井威彦、増田慎三、遠山竜也、柏葉匡寛、山口拓洋、向井博文、岩田広治:NEOS(N-SAS BC06) :レトロゾール(LET)による術前内分泌療法の中間解析結果。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

佐藤史顕、王 智鵬、上野貴之、妙本 陽、滝澤聡子、増田慎三、三上芳喜、清水一治、辻本豪三、戸井雅和:microRNA発現プロファイルによりHER2陽性乳癌に対するTrastuzumab感受性予測法の開発。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

加藤あい、増田慎三、槙原克也、上野裕之、山内一恭、本田芳久、四方文子、八十島宏行、水谷麻紀子、山村 順、小森勝也:ドセタキセルの副作用予防に対する前日からのステロイド服用の効果。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

江波亜希子、増田慎三、山村 順、八十島宏行、水谷麻紀子、正岡美幸、高田聖子、黒田博美、江原 愛、四方文子、上田純子、加藤あい、槙原克也、上野裕之:乳癌 DTX療法と過敏症の発症に関する検討=過敏症に対する投与方法の工夫。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

中山貴寛、神垣俊二、安井大介、吉留克英、菰池佳史、森本 卓、野村 孝、松並展輝、一ノ瀬庸、増田慎三:進行・再発乳癌に対するタキサン系抗癌剤とトレミフェン120mg 併用療法の検討(KMBOG0612)。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

金澤麻衣子、増田慎三、黒井克昌、阿部恭子、戸井雅和:通院化学療法を受ける乳がん患者へのリスクマネジメントに関する現状と課題。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

ItoY, Masuda N, Iwata H, Mukai H, Horiguchi J, Tokuda Y, Kuroi K, Iwase H, Inaji H, Ohsumi S, Nakayama T, Ohno S, Sahmoud T, Ohno N, Noguchi S. BOLERO-2 ; A Rndomized Phase III Study Of Everolimus In Combination With Exemestane:Results Of The Japanese Subgroup Analys. 第10回日本臨床腫瘍学会学術総会、大阪、2012年7月

高田正泰、杉本昌弘、黒井克昌、大野真司、佐藤伸昭、坂東裕子、増田慎三、岩田広治、近藤正英、笹野公伸、稲本 俊、内藤泰宏、Dong-Young N, 冨田 勝、戸井雅和:乳癌の臨床アウトカムを予測する数理モデル開発におけるデータマイニング手法の有用性の検討。第10回日本臨床腫瘍学会学術総会、大阪、2012年7月

佐藤一彦、雷 哲明、福間英祐、檜垣健二、水谷三浩、大崎昭彦、高野利美、徳田 裕、鈴木正人、増田慎三、佐伯俊昭:乳癌患者における補助化学療法中の好中球減少症に対するFSK0808。第50回日本癌治療学会学術集会、横浜、2012年10月

加藤あい、槙原克也、廣畑和弘、山内一恭、八十島宏行、水谷麻紀子、山村 順、増田慎三、小森勝也:進行再発乳癌へのbevacizumab・paclitaxel併用療法の使用経験〜安全性の観点から〜。第50回日本癌治療学会学術集会、横浜、2012年10月

山村 順、増田慎三、八十島宏行、水谷麻紀子、児玉良典、真能正幸、中森正二、辻中利政:トリプルネガティブ乳癌において肥満が術前化学療法の効果と有害事象に及ぼす影響。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

山村 順、増田慎三、八十島宏行、水谷麻紀子、児玉良典、真能正幸、中森正二、辻仲利政:トリプルネガティブ(TN)乳癌において肥満が術前化学療法の効果と有害事象に及ぼす影響。。第10回日本臨床腫瘍学会学術総会、大阪、2012年7月

安井昌義、三嶋秀行、池永雅一、宮崎道彦、浅岡忠史、宮本敦史、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : StageW 大腸癌における根治手術・緩和手術の意義 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

安井昌義、池永雅一、宮崎道彦、三嶋秀行、辻仲利政 : 術前化学療法を施行した大腸癌肝転移肝切除症例の臨床病理学的検討 。 第67回日本大腸肛門病学会学術集会 、 福岡 、 2012 年 11 月

安井昌義、武岡奉均、池永雅一、宮崎道彦、池田正孝、関本貢嗣、辻仲利政 : 肥満症例に対する手術手技の工夫がもたらしたもの<右側結腸癌における内臓脂肪とリンパ節郭清個数の検討> 。 第25回日本内視鏡外科学会総会 、 横浜 、 2012 年 12 月

浅岡忠史、Panagiotis T,Eddie I,Gennaro S,Jang M,Tekin A,Alexandra A,David L,Seigo N,Andreas T,Phillip R : 肝移植後におけるmicroRNA-122と155の発現と臨床学的意義について 。 第112回日本外科学会定期学術集会 、 幕張 、 2012 年 4 月

浅岡忠史、宮本敦史、山本和義、安井昌義、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、高見康二、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 膵頭十二指腸切除術におけるクリニカルパス導入の意義 。 第43回日本膵臓学会大会 、 山形 、 2012 年 6 月

浅岡忠史 : Custom PCR-based Array を用いた肝移植における新規バイオマーカーの探索 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

浅岡忠史、宮本敦史、山本和義、安井昌義、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、高見康二、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : 当院における単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術の現状と問題点 。 第6回単孔式内視鏡手術研究会 、 札幌 、 2012 年 8 月

浅岡忠史、宮本敦史、山本和義、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、高見康二、藤谷和正、池田正孝、中森正二、関本貢嗣 : 当院における単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術の手術手技と成績 。 第25回近畿内視鏡外科研究会 、 京都 、 2012 年 9 月

浅岡忠史、宮本敦史、山本和義、安井昌義、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、高見康二、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : 当院における単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術の手術手技と成績 。 第74回日本臨床外科学会総会 、 東京 、 2012 年 11 月

浅岡忠史、宮本敦史、山本和義、安井昌義、宮崎道彦、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : 当院における単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術の現状と問題点 。 第25回日本内視鏡外科学会総会 、 横浜 、 2012 年 12 月

山本和義、藤谷和正、平尾素宏、浅岡忠史、安井昌義、宮本敦史、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : M/L領域早期胃癌に対する幽門輪保存胃切除術(PPG)の治療成績 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

山本和義、藤谷和正、平尾素宏、宍戸裕二、浅岡忠史、安井昌義、宮本敦史、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、真能正幸、辻仲利政 : 胃癌における生検標本と切除標本でのHER2発現結果の乖離 。 JDDW2012 KOBE 、 神戸 、 2012 年 10 月

山本和義、藤谷和正、平尾素宏、浅岡忠史、宮本敦史、池永雅一、宮崎道彦、池田正孝、中森正二、真能正幸、関本貢嗣 : HER2陽性高度進行胃癌に対するトラスツズマブを用いた化学療法ののち根治切除が行えた3例 。 第85回日本胃癌学会総会 、 大阪 、 2013 年 2 月

山本和義、藤谷和正、平尾素宏、浅岡忠史、宮本敦史、池永雅一、宮崎道彦、池田正孝、中森正二、関本貢嗣 : 噴門側胃切除術後の再建法 空腸パウチ再建vs食道残胃吻合 。 第85回日本胃癌学会総会 、 大阪 、 2013 年 2 月

山本和義、藤谷和正、平尾素宏、長谷川裕子、浅岡忠史、宮本敦史、池永雅一、宮崎道彦、池田正孝、中森正二、真能正幸、関本貢嗣 : トラスツズマブを用いた化学療法ののち根治切除が行えたHER2陽性進行胃癌3症例の検討 。 第99回日本消化器病学会総会 、 鹿児島 、 2013 年 3 月

水谷麻紀子、増田慎三、八十島宏行、苅田真子、山村 順、児玉良典、真能正幸、中森正二、辻仲利政:HER2陽性乳癌における術前化学療法の臨床学的意義-成果と課題-。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

八十島宏行、増田慎三、山村 順、水谷麻紀子、細川知紗、金澤 達、真能正幸、児玉良典、中森正二、辻仲利政:HER2陽性乳癌における術前化学療法後pCR予測にMRIは有効か。第20回日本乳癌学会学術総会、熊本、2012年6月

八十島宏行、増田慎三、山村 順、水谷麻紀子、田口裕紀子、四方文子、江並亜希子、槙原克也、加藤あい、児玉良典、真能正幸、中森正二、辻中利政:HER2陽性乳癌における術前Docetaxel+Carboplatin+Trastuzumab(TCbH)療法の評価。第50回日本癌治療学会学術集会、横浜、2012年10月

山下雅史、浅岡忠史、宮本敦史、中森正二 : 子宮体癌術後、十二指腸転移に対して膵頭十二指腸切除術を施行し切除し得た1例 。 第74回日本臨床外科学会総会 、 東京 、 2012 年 11 月

三賀森学、藤谷和正、中森正二、八十島宏行、山本和義、浅岡忠史、山村順、安井昌義、増田慎三、宮本敦史、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、高見康二、三嶋秀行、辻仲利政 : 胃切除術、膵頭十二指腸切除術が体組成へ及ぼす影響−InBody720測定装置を用いた検討− 。 第112回日本外科学会定期学術集会 、 幕張 、 2012 年 4 月

山下公太カ、藤谷和正、田中英一、山本和義、平尾素宏、浅岡忠史、安井昌義、池永雅一、宮本敦史、宮崎道彦、三嶋秀行、中森正二、吉田謙、辻仲利政 : 進行胃癌に対する放射線療法の成績 。 第112回日本外科学会定期学術集会 、 幕張 、 2012 年 4 月

山下公太郎、藤谷和正、平尾素宏、山本和義、安井昌義、池永雅一、宮本敦史、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 噴切後の食道残胃吻合に起因する狭窄・逆流性食道炎の頻度と残胃吻合部位及び患者背景因子との関係 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

武岡奉均、安井昌義、池永雅一、宮崎道彦、三嶋秀行、八十島宏行、水谷麻紀子、山本和義、浅岡忠史、山村順、増田慎三、大宮英泰、宮本敦史、平尾素宏、見康二、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : 腹腔鏡下大腸癌手術におけるBody mass index (BMI)および内臓脂肪面積測定の意義 。 第112回日本外科学会定期学術集会 、 幕張 、 2012 年 4 月

武岡奉均、見康二、大宮英泰、山本和義、浅岡忠史、安井昌義、池永雅一、宮本敦史、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、小澤健太朗、真能正幸、栗山啓子、辻仲利政 : 胸腺内に発生した血管腫を合併した青色ゴムまり様母斑症候群の1例 。 第29回日本呼吸器外科学会総会 、 秋田 、 2012 年 5 月

武岡奉均、宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、山本和義、安井昌義、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、見康二、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政 : 膵頭十二指腸切除術におけるSSI発生に関する検討 。 第24回日本肝胆膵外科学会学術集会 、 大阪 、 2012 年 5 月

武岡奉均、平尾素宏、見康二、大宮英泰、池永雅一、宮本敦史、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 食道癌の食道肺瘻による肺膿瘍に対し開胸ドレナージ施行後に切除しえた1例 。 第66回日本食道学会学術集会 、 軽井沢 、 2012 年 6 月

武岡奉均、宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、安井昌義、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政 : 膵頭十二指腸切除後の手術部位感染に関する検討 。 第43回日本膵臓学会大会 、 山形 、 2012 年 6 月

武岡奉均、宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、安井昌義、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政 : 膵頭十二指腸切除術におけるSSIの危険因子に関する検討 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

武岡奉均、安井昌義、池永雅一、宮崎道彦、池田正孝、山本和義、浅岡忠史、宮本敦史、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、辻仲利政、関本貢嗣 : 腹腔鏡下大腸手術におけるBody mass index (BMI)及び体組成因子の測定の意義 。 第25回近畿内視鏡外科研究会 、 京都 、 2012 年 9 月

武岡奉均、大宮英泰、高見康二、増田慎三、山本和義、浅岡忠史、安井昌義、池永雅一、宮本敦史、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、辻仲利政、児玉良典 : 肺炎症性筋線維芽細胞腫瘍の1切除例 。 第74回日本臨床外科学会総会 、 東京 、 2012 年 11 月

武岡奉均、宮本敦史、浅岡忠史、山本和義、池永雅一、大宮英泰、宮崎道彦、池田正孝、平尾素宏、高見康二、藤谷和正、中森正二、関本貢嗣 : HIV陽性急性虫垂炎症例における術前免疫状態と術後合併症の検討 。 第49回日本腹部救急医学会総会 、 福岡 、 2013 年 3 月

松井浩史、大宮英泰、高見康二、三嶋秀行、伴建二、山本和義、浅岡忠史、安井昌義、宮本敦史、池永雅一、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : 卵巣顆粒膜細胞腫肺転移の一切除例 。 第74回日本臨床外科学会総会 、 東京 、 2012 年 11 月

松井浩史、平尾素宏、山本和義、藤谷和正、浅岡忠史、宮本敦史、大宮英泰、池永雅一、池田正孝、見康二、中森正二、関本貢嗣、須原均、高橋俊樹、坂口大起 : 感染症心内膜炎に合併した上腸間膜動脈瘤の1切徐例 。 第49回日本腹部救急医学会総会 、 福岡 、 2013 年 3 月

松野裕旨、藤谷和正、平尾素宏、山本和義、安井昌義、池永雅一、宮本敦史、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 食道癌に対してR1またはR2切除となった症例の検討 。 第66回日本食道学会学術集会 、 軽井沢 、 2012 年 6 月

松野裕旨、高見康二、大宮英泰、矢嶋敬史郎、栗山啓子、真能正幸、安藤性實、木村剛、宮本智、小河原光正、辻仲利政 : HIV感染患者に発生した孤立性線維性腫瘍の1例 。 第96回日本肺癌学会関西支部会 、 大阪 、 2012 年 7 月

松野裕旨、浅岡忠史、宮本敦史、山本和義、安井昌義、池永雅一、大宮英泰、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、高見康二、中森正二、辻仲利政 : 虫垂に発生した炎症性偽腫瘍の1例 。 第74回日本臨床外科学会総会 、 東京 、 2012 年 11 月

松野裕旨、平尾素宏、山本和義、藤谷和正、浅岡忠史、宮本敦史、池永雅一、宮崎道彦、池田正孝、中森正二、関本貢嗣 : 緊急手術により救命できた医原性食道穿孔の2例 。 第49回日本腹部救急医学会総会 、 福岡 、 2013 年 3 月

宍戸裕二、藤谷和正、山本和義、平尾素宏、浅岡忠史、安井昌義、宮本敦史、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、高見康二、中森正二、辻仲利政 : 胃癌術後の合併症発生に関連する因子およびE-PASSの有用性の検討 。 第74回日本臨床外科学会総会 、 東京 、 2012 年 11 月

宍戸裕二、山本和義、藤谷和正、平尾素宏、浅岡忠史、宮本敦史、池永雅一、宮崎道彦、池田正孝、中森正二、関本貢嗣 : ERAS胃切除クリニカルパスの評価と課題 。 第85回日本胃癌学会総会 、 大阪 、 2013 年 2 月

宍戸裕二、池永雅一、池田正孝、山本和義、浅岡忠史、安井昌義、宮本敦史、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、関本貢嗣 : 遺残虫垂炎に対して腹腔鏡下回盲部切除術を施行した1例 。 第49回日本腹部救急医学会総会 、 福岡 、 2013 年 3 月

林覚史、中森正二、宮本敦史、辻江正徳、浅岡忠史、山本和義、山村順、安井昌義、増田慎三、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、高見康二、藤谷和正、三嶋秀行、辻仲利政 : 浸潤性膵管癌根治切除後の残膵癌および孤立性肺転移に対して外科的切除を施行した1例 。 第191回近畿外科学会 、 大阪 、 2012 年 5 月

山岡雄祐、池永雅一、安井昌義、宮崎道彦、三嶋秀行、山本和義、浅岡忠史、宮本敦史、大宮英泰、平尾素宏、見康二、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : 大腸低分化腺癌149例の検討 。 第112回日本外科学会定期学術集会 、 幕張 、 2012 年 4 月

山岡雄祐、池永雅一、安井昌義、宮崎道彦、三嶋秀行、山本和義、浅岡忠史、宮本敦史、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : 大腸癌イレウスに対し先行してイレウスチューブを挿入した22例の検討 。 第98回日本消化器病学会総会 、 東京 、 2012 年 4 月

山岡雄祐、山村順、八十島宏行、水谷麻紀子、増田慎三、山本和義、浅岡忠史、安井昌義、宮本敦史、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、見康二、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 乳房腫張を呈した肋骨骨折に伴う胸壁膿瘍の一例 。 第191回近畿外科学会 、 大阪 、 2012 年 5 月

山岡雄祐、池永雅一、山本和義、浅岡忠史、安井昌義、宮本敦史、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : HIV感染症を合併した消化器癌5例の検討 。 第37回日本外科系連合学会学術集会 、 福岡 、 2012 年 6 月

山岡雄祐、池永雅一、安井昌義、宮崎道彦、三嶋秀行、宮本敦史、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : 高齢者大腸癌の臨床病理学的検討 。 第67回日本消化器外科学会総会 、 富山 、 2012 年 7 月

山岡雄祐、池永雅一、安井昌義、宮崎道彦、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 大腸癌に対してBevacizumab投与中に消化管穿孔を来した3症例 。 第67回日本大腸肛門病学会学術集会 、 福岡 、 2012 年 11 月

山岡雄祐、池永雅一、宮本敦史、武岡奉均、原田百合奈、山本和義、浅岡忠史、宮崎道彦、池田正孝、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、関本貢嗣 : 腹会陰式直腸切断術術後の会陰創の治癒遅延と関連する因子について 。 第25回日本外科感染症学会 、 幕張 、 2012 年 11 月

山岡雄祐、池永雅一、安井昌義、宮崎道彦、山本和義、浅岡忠史、大宮英泰、宮本敦史、平尾素宏、見康二、藤谷和正、中森正二、辻仲利政 : 当院での大腸癌手術症例の時代変遷 。 第74回日本臨床外科学会総会 、 東京 、 2012 年 11 月

山岡雄祐、藤谷和正、山本和義、平尾素宏、浅岡忠史、宮本敦史、池永雅一、宮崎道彦、池田正孝、中森正二、辻仲利政、関本貢嗣 : 胃全摘術後の腸腰筋・脊柱起立筋量の変化 。 第85回日本胃癌学会総会 、 大阪 、 2013 年 2 月

山岡雄祐、池田正孝、池永雅一、宮崎道彦、山本和義、浅岡忠史、宮本敦史、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、関本貢嗣 : 癒着により腹腔鏡では診断困難であった竹串の誤嚥による回腸穿通の一例 。 第49回日本腹部救急医学会総会 、 福岡 、 2013 年 3 月

田口裕紀子、宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、山本和義、安井昌義、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、藤谷和正、辻仲利政 : 胆嚢癌、膵体尾部癌術後に異時発生し、無治療で長期生存している膵癌の一例 。 第74回日本臨床外科学会総会 、 東京 、 2012 年 11 月

田口裕紀子、山本和義、藤谷和正、平尾素宏、宍戸裕二、浅岡忠史、宮本敦史、池永雅一、池田正孝、中森正二、関本貢嗣 : 当院における胃癌手術当日離床の試み 。 第85回日本胃癌学会総会 、 大阪 、 2013 年 2 月

原田百合奈、宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、武岡奉均、山岡雄祐、山本和義、池永雅一、宮崎道彦、池田正孝、平尾素宏、藤谷和正、関本貢嗣 : 肝切除症例の創閉鎖における真皮縫合に関する検討 。 第25回日本外科感染症学会総会 、 幕張 、 2012 年 11 月

原田百合奈、宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、山本和義、池永雅一、宮崎道彦、池田正孝、平尾素宏、藤谷和正、関本貢嗣   総腸間膜症を合併した下部胆管癌に対して膵頭十二指腸切除術を施行した一例   第192回近畿外科学会   大阪   2012   11 月

原田百合奈、宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、山本和義、山村順、安井昌義、増田慎三、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、平尾素宏、見康二、藤谷和正、辻仲利政   総腸間膜症を合併した下部胆管癌の一切除例   第74回日本臨床外科学会総会   東京   2012   11 月

宮崎道彦、安井昌義、池永雅一、三嶋秀行、平尾素宏、藤谷和正、山本和義、宮本敦史、浅岡忠史、中森正二、高見康二、大宮英泰、辻仲利政   完全直腸脱に対する経腹的 Stapling rectopexy   第14回日本女性骨盤底医学会   大阪   2012   7 月

宮崎道彦、安井昌義、池永雅一、田中玲子、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 急性壊死性筋膜炎10例の検討 。 第67回日本大腸肛門病学会学術集会 、 福岡 、 2012 年 11 月

宮崎道彦、池永雅一、安井昌義、田中玲子、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 腰椎麻酔下の自動生検装置によるcore needle biopsy で診断し得た管外型肛門癌の4例 。 第67回日本大腸肛門病学会学術集会 、 福岡 、 2012 年 11 月

宮崎道彦、安井昌義、池永雅一、三嶋秀行、田中玲子、中森正二、辻仲利政 : 排便造影の形態学的有所見における性差についての検討 。 第67回日本大腸肛門病学会学術集会 、 福岡 、 2012 年 11 月

地方会その他
藤谷和正 : 胃癌における個別化治療の幕開け 。 Gastric Cancer Conference in Amagasaki 、 尼崎 、 2012 年 5 月

藤谷和正 : 胃がん化学療法新時代-胃がん周術期化学療法 。 OGSG2012夏季セミナー 、 大阪 、 2012 年 8 月

藤谷和正 : 胃癌術後補助化学療法-課題への取り組みと個別化への展望 。 がん治験ネットワーク推進事業 多施設共同臨床試験(AEOLUS)会議 、 静岡 、 2012 年 8 月

藤谷和正 : OGSG0604および0801試験 。 胃癌エキスパートフォーラム 第二回臨床研究検討部会J-EFFORTS 、 東京 、 2012 年 10 月

藤谷和正 : 開腹胃切除術について 。 匠の技〜胃〜 、 東京 、 2012 年 12 月

藤谷和正 : ASCO-GI2013から観た胃癌化学療法の展望 。 北陸胃癌フォーラム 、 金沢 、 2013 年 3 月

平尾素宏 : 術後2度の敗血症ショック・ARDSを来したが救命し得た一症例ーAPRV(airway pressure release ventilation)による呼吸管理を中心にー 。 第19回近畿過大侵襲研究会 、 大阪 、 2012 年 6 月

平尾素宏 : 食道癌化学療法における栄養介入について 。 第17回食道癌栄養療法懇話会 、 大阪 、 2012 年 10 月

平尾素宏 : 「cT4食道癌に対する導入化学療法について」 「術前化学療法における栄養介入の有用性について」 「術前化学療法の最適な投与回数について」 。 食道癌化学療法学術情報交換会 、 大阪 、 2013 年 1 月

池田正孝 : 各国のVTE予防ガイドラインに関するショートレビュー 。 VTE Prevention Expert Meeting 、 東京 、 2012 年 8 月

池永雅一 : 大腸癌手術の準備:すべて自分でできますか? 第17回専門医を目指す消化器外科セミナー 、 大阪 、 2013 年 2 月

増田慎三:KMBOGについて。Sakura Breast Cancer Consortium、福岡、2012年4月

増田慎三:転移・再発乳癌のEvidence とClinical Question。第3回Bevacizumab乳癌Conference、大阪、2012年4月

増田慎三:日常診療における臨床試験の位置づけ。Astra Zeneca Education TV Seminar for Breast Cancer、大阪、2012年4月

増田慎三:進行・再発乳癌に対する新たな治療戦略〜真のベネフィットとは〜。Meet the expert in 進行・再発乳癌、福井、2012年5月

増田慎三:進行・再発乳癌におけるアバスチンのポジショニング。第4回信州がん薬物療法研究会、長野、2012年5月

増田慎三:進行・再発乳癌に対する新たな治療戦略。Avastin Breast Cancer Meeting in Sapporo、札幌、2012年5月

増田慎三:指導者研修会講師。第10回マンモグラフィ読影指導者研修会、大阪、2012年5月

増田慎三:進行・再発乳癌に対する新たなる治療戦略。Breast Cancer Conference in Osaka、大阪、2012年5月

増田慎三:進行・再発乳癌に対する新たなる治療戦略。高知県乳癌研究会学術講演会、高知、2012年5月

増田慎三:講師。第27回マンモグラフィ講習会、名古屋、2012年6月

増田慎三:進行・再発乳癌に対する新たなる治療戦略。Avastin on Breast Cancer in 県央、諫早、2012年6月

増田慎三:進行・再発乳癌に対する新たなる治療戦略。Breast Cancer Seminar、福岡、2012年6月

増田慎三:進行・再発乳癌に対する新たな治療戦略。乳がんExpert Meeting、鹿児島、2012年7月

増田慎三:乳癌最新レポート-ASCO, JBCSから-。第5回Osaka Breast Cancer Board、大阪、2012年7月

増田慎三:新時代を迎えた乳癌骨転移治療。ランマーク新発売講演会、岡山、2012年7月

増田慎三:進行・再発乳癌の対する新たな治療戦略。乳癌Expert Meeting in 白山、石川、2012年7月

増田慎三:進行再発乳癌の新たな治療戦略-Bevacizumab療法の現状と展望」。乳癌治療カンファレンス、筑波、2012年7月

増田慎三:Session1 ASCO2012 Review。第10回Kansai Breast Cancer Expert Conference、大阪、2012年7月

増田慎三:進行再発乳癌の新たな治療戦略2012。第27回進行・再発乳癌勉強会、岡山、2012年8月

増田慎三:新時代を迎えた乳癌骨転移療法。第52回阪南乳腺疾患研究会、大阪、2012年8月

増田慎三:講師。第24回マンモグラフィ講習会、名古屋、2012年8月

増田慎三:進行・再発乳癌に対する新たな治療戦略。AVASTIN 適正使用カンファランス、徳島、2012年8月

増田慎三:新時代を迎えた乳癌骨転移治療。第51回地域医療症例検討会、西宮、2012年8月

増田慎三:進行再発乳癌の新たな治療戦略Bevacizumab療法の現状と展望。紀和ブレストセンターOncology Seminar、和歌山、2012年8月

増田慎三:HER2陽性乳癌に対する術後薬物療法(座談会報告)。乳癌化学療法講演会、大阪、2012年9月

増田慎三:ASCO/乳癌学会Topics 大阪医療センターにおける(個別化治療を意識した)乳癌診療の現状と展望。関東・甲信越Breast Cancer workshop、東京、2012年9月

八十島宏行:当院におけるエリブリン奏効例からみたエリブリンの位置づけ。第1回ハラヴェン Meet  The Expret in 大阪、大阪。2012年10月

増田慎三:進行・再発乳癌に対する新たな治療戦略。多摩乳がん分子標的治療シンポジウム、東京、2012年10月

増田慎三:乳がん治療の最前線〜一人ひとりに適した乳がん治療とは〜。がん予防キャンペーン大阪2012、大阪、2012年10月

増田慎三:進行再発乳癌の新たな治療戦略-Bevacizumab療法の現状と展望。Chugai Breast Cancer Consensus Conference in Niigata、新潟、2012年10月

増田慎三:HER2陽性高齢者乳がんに対する治療戦略。HER2陽性高齢者乳がんの治療を考える会 in HANSHIN、大阪、2012年10月

増田慎三:再発HER2陰性乳がんにおけるアバスチンの役割。Breast Cancer Expert Meeting、福岡、2012年11月

増田慎三:進行・再発乳癌に対するアバスチンの治療戦略。Avastin in Breast Cancer 戦略討論会、東京、2012年11月

増田慎三:進行再発乳癌の新たな治療戦略-Bevacizumab療法の現状と展望。Kyoto Breast Cancer Forum 2012、京都、2012年11月

増田慎三:我が国における進行再発乳癌の治療戦略を考える〜ABC1からのメッセージ。第10回日本乳腺学会近畿地方会、大阪、2012年11月

増田慎三:進行・再発乳癌のホルモン治療と骨転移のマネジメント。第9回日本乳腺学会関東地方会、埼玉、2012年12月

増田慎三:進行・再発乳癌に対する新たな治療戦略〜真のベネフィットとは〜.
アバスチンMBC Expert Meeting、富山、2012年12月

増田慎三:進行再発乳癌の新たな治療戦略-Brevacizumab療法の現状と展望-。乳がん学術集会、和歌山、2012年12月

増田慎三:HER2陽性乳癌の今後の展望。Small lecture meeting、大阪、2013年1月

増田慎三:日本が生んだエリブリン−最新情報と展望−。Halaven Meet the Expert in AKITA(第一報)、秋田、2013年1月

増田慎三:日本が生んだエリブリン−最新情報と展望−。EMRACE2 Meet the Expert in Kansai、大阪、2013年1月23日

増田慎三:進行・再発乳癌治療におけるBevacizumabの効果。Meet The Expert on Breast Cancer、長崎、2013年1月

増田慎三:日本が生んだエリブリン−最新情報と展望−。EMRACE2 Meet the Expert in Kansai、大阪、2013年1月30日

増田慎三:日本が生んだエリブリン−最新情報と展望−。EMRACE2 Meet the Expert in Kansai、大阪、2013年1月31日

増田慎三:HER2陽性転移再発乳癌へのアプローチ−現状と展望−。HER2陽性 転移再発乳癌 座談会、東京、2013年2月

増田慎三:新時代を迎えた乳癌骨転移治療。第8回奈良県がん化学療法を考える会、奈良、2013年2月

増田慎三:2012サンアントニオ乳がんシンポジウム トピックス。SANOFI ONCOLOGY 乳がん WEBカンファレンス、東京、2013年2月

増田慎三:日本が生んだエリブリン−最新情報と展望−。ハラヴェン講演会 発売1周年記念講演会、京都、2013年2月

増田慎三:ホルモン陽性乳癌〜最新情報と今後の展望。第3回Osaka Area Breast Network研究会、大阪、2013年2月

増田慎三:乳がん治療における血管新生阻害剤。中外eセミナー on breast cancer、大阪、2013年3月

浅岡忠史 : 肝胆膵外科手術における手術手技の工夫 。 大阪肝胆膵外科報告会 、 大阪 、 2012 年 10 月

山本和義 : 食道癌化学療法における栄養介入について 。 第17回食道癌栄養療法懇話会 、 大阪 、 2012 年 10 月

山本和義 : 「cT4食道癌に対する導入化学療法について」 「術前化学療法における栄養介入の有用性について」 「術前化学療法の最適な投与回数について」 。 食道癌化学療法学術情報交換会 、 大阪 、 2013 年 1 月

山村順:6次治療としてエリブリンが長期奏功した進行再発乳癌の1例。EMRACE2 Meet the Expert in Kansai、大阪、2013年1月

八十島宏行:当院におけるエリブリン奏効例からみたエリブリンの位置づけ。第1回ハラヴェン Meet  The Expret in 大阪、大阪。2012年10月

平尾素宏 : 第417回大阪胃研究会 、 大阪 、 2013 年 3 月

池田正孝 : 消化器外科手術におけるVTEとその予防対策 。 消化器外科手術におけるVTEとその予防対策 、 大阪 、 2013 年 2 月

池田正孝 : 傷のない癌根治手術、Single Port Surgery 。 第二回法円坂消化器フォーラム 、 大阪 、 2013 年 3 月

松井浩史、平尾素宏、山本和義、藤谷和正、須原均、高橋俊樹、坂口大起、浅岡忠史、宮本敦史、大宮英泰、池永雅一、池田正孝、高見康二、中森正二、関本貢嗣 : 上腸間膜動脈瘤の1切除例 。 第589回大阪外科集談会 、 大阪 、 2012 年 9 月

松井浩史、浅岡忠史、宮本敦史、山本和義、池永雅一、池田正孝、平尾素宏、藤谷和正、関本貢嗣、中森正二 : 当院で経験した膵腺房細胞癌の2例 。 第192回近畿外科学会 、 大阪 、 2012 年 11 月

松井浩史、大宮英泰、見康二、平尾素宏、藤谷和正、中森正二、関本貢嗣、小河原光正、栗山啓子、児玉良典 : CPFE合併同時多発肺癌を含む6重複癌の1例 。 第97回日本肺癌学会関西支部会 、 大阪 、 2013 年 2 月

林覚史 : 穿孔性腹膜によりDICになった1症例 。 DIC UPDATE in OSAKA 、 大阪 、 2012 年 12 月

山岡雄祐、藤谷和正、山本和義、平尾素宏、八十島宏行、水谷麻紀子、浅岡忠史、山村順、安井昌義、増田慎三、宮本敦史、大宮英泰、池永雅一、宮崎道彦、高見康二、中森正二、森永友紀子、児玉良典、真能正幸、辻仲利政 : 乳糜を内容物とした後腹膜腫瘍を切除した一例 。 第588回大阪外科集談会 、 大阪 、 2012 年 7 月

田口裕紀子、宮本敦史、浅岡忠史、中森正二、中水流正一、三田英治、児玉良典、真能正幸 : 胆嚢癌、膵体尾部癌術後に発生し、無治療で長期生存している膵鈎部癌の一例 。 第61回近畿膵疾患談話会 、 大阪 、 2012 年 9 月

田口裕紀子、増田慎三、大宮英泰、八十島宏行、水谷麻紀子、山村 順、高見康二、関本貢嗣、中森正二、児玉良典、眞能正幸:根治手術が施行できたHER2陽性の肺転移症例の経験。第10回日本乳腺学会近畿地方会、大阪、2012年11月

原田百合奈、山村順、八十島宏行、水谷麻紀子、増田慎三、山本和義、浅岡忠史、池永雅一、大宮英泰、宮本敦史、池田正孝、平尾素宏、高見康二、藤谷和正、森清、真能正幸、中森正二、関本貢嗣 : 乳房内局所再発を繰り返し、対側腋窩リンパ節を来したトリプルネガティブ乳癌の1例 。 第592回大阪外科集談会 、 大阪 、 2013 年 3 月

福田泰也、宮本敦史、中森正二、浅岡忠史、山本和義、池永雅一、池田正孝、平尾素宏、藤谷和正、関本貢嗣 : 浸潤性膵管癌根治切除術後の残膵癌に対して膵切除を行った一例 。 第18回膵癌治療を考える会 、 大阪 、 2012 年 10 月

福田泰也、増田慎三、八十島宏行、水谷麻紀子、山村順、田口裕紀子、児玉良典、真能正幸、山本和義、浅岡忠史、大宮英康、宮本敦史、池永雅一、宮崎道彦、池田正孝、平尾素弘、高見康二、藤谷和正、中森正二、関本貢嗣:乳癌術前薬物療法前センチネルリンパ節生検の取り組み。第590回大阪外科集談会、大阪、2012年11月

福田泰也、浅岡忠史、宮本敦史、山本和義、池永雅一、宮崎道彦、池田正孝、平尾素宏、藤谷和正、関本貢嗣、中森正二 : 膵粘液性嚢胞腫瘍術後後腹膜局所再発に対して外科的切除を行った一例 。 第12回阪神膵臓外科研究会 、 大阪 、 2013 年 2 月

宮崎道彦、安井昌義、池永雅一、三嶋秀行、中森正二、辻仲利政 : 完全直腸脱に対する経腹的 Stapling rectopexy 。 第94回近畿肛門疾患懇談会 、 大阪 、 2012 年 6 月

宮崎道彦、池永雅一、安井昌義、三賀森学、三嶋秀行、中森正二、田中玲子、辻仲利政 : 嵌頓痔核の臨床的検討 。 第95回近畿肛門疾患懇談会 、 大阪 、 2012 年 11 月

宮崎道彦 : 第25回大腸外科検討会 、 大阪 、 2012 年 10 月

宮崎道彦、田中玲子、池永雅一、池田正孝、中森正二、関本貢嗣 : HIV陽性者肛門疾患に対する外科治療161例の検討 。 第96回近畿肛門疾患に対する外科治療 、 大阪 、 2013 年 2 月

関本貢嗣:進行再発直腸癌手術、適応と手技。第7回大腸疾患外科治療研究会、沖縄、2012年7月

関本貢嗣:局所再発直腸癌手術の適応と手技。第2回大腸癌最新情報セミナー、福岡、2012年9月

関本貢嗣:あきらめない癌治療。第8回樹状細胞免疫療法懇話会、大阪、2012年10月

辻仲利政:GIST登録事業。第18回近畿GIST研究会、大阪、2012年4月

辻仲利政:進行胃癌治療戦略。第19回姫路癌治療研究会、姫路、2012年5月

増田慎三:CLEOPATRA試験 成績報告 試験成績に関する検討。CLEOPATRA試験 成績報告会、東京、2013年2月

増田慎三:HER2陽性乳癌の治療とAfatinibに期待される位置づけ。Afatinib LUX-Breast 1(1200.75)治験説明会、東京、2013年3月

山村順:JO22998試験 症例報告。RO5304021成績報告会、東京、2012年10月

中森正二:がんの外科的な治療。平成24年度東京大学薬学系大学院講義「クリニカルサイエンス特論」、東京、2012年7月

藤谷和正 : 臨床試験をご存じですか? 日本胃癌学会 第13回市民公開講座 、 松山 、 2012 年 11 月

見康二 : 肺がんの外科治療〜最近の話題〜 。 第50回地域医療症例検討会 、 西宮 、 2012 年 6 月

平尾素宏 : 主要疾患とケア@ 食道・胃 。 第30回消化器外科看護セミナー 、 名古屋 、 2013 年 1 月

平尾素宏 : 主要疾患とケア@ 食道・胃 。 第30回消化器外科看護セミナー 、 東京 、 2013 年 2 月

平尾素宏 : 主要疾患とケア@ 食道・胃 。 第30回消化器外科看護セミナー 、 大阪 、 2013 年 2 月

池永雅一 : 腹腔鏡下S状結腸・直腸切除術について 。 第5回大阪内視鏡外科手術セミナー 、 福島 、 2012 年 12 月

池永雅一 : 主要疾患とケアA 大腸・直腸 。 第30回消化器外科看護セミナー 、 名古屋 、 2013 年 1 月

池永雅一 : 主要疾患とケアA 大腸・直腸 。 第30回消化器外科看護セミナー 、 東京 、 2013 年 2 月

池永雅一 : 主要疾患とケアA 大腸・直腸 。 第30回消化器外科看護セミナー 、 大阪 、 2013 年 2 月

  
ページのTOPへ