国立大阪病院 外科のご案内
1. 外科医募集
   

大阪医療センターで外科研修を希望される方への案内です。消化器外科、乳腺外科、呼吸器外科、一般外科を目指す先生を対象としています。

2. 研修期間
    3年間
3. 研修目標
    日本外科学会専門医制度の教育施設実地修練計画書に基づき、外来診療、手術、検査、病棟業務を通じて、外科専門医となるための外科的知識や診療技術を体得できるカリキュラムを設けています。
   
A) 心臓血管外科、小児外科の経験が足りない者には、カリキュラムの中に各専門科での研修期間を組み込みます。
B) 研修中は、研修医を含む後輩医師への教育・指導も行い、将来指導医となるための修練も積みます。(屋根瓦方式)
C) 各専門科の指導の下に化学療法や緩和ケアに関する研修も併せて行います。
D) 臨床研究への参加や、学会発表や論文作成への積極的な取り組みが推奨されます。
E) 3年間の研修時には、国立病院機構の専修医修了証、全がん協参加病院におけるがん診療レジデント修了証書が発行されます。また、国立病院機構からの海外臨床研修資格を獲得できます。
5. 取得手技
    外科診療に関わるあらゆる手技(術前診断、手術、術後管理、検査手技、緩和治療、化学療法など)
6. 診療科の実績と専修医の経験症例数
    症例数と手術件数の調査年度
   
    日本外科学会の専門医の必要症例数は必ず経験できます。さらに消化器外科専攻者には日本消化器外科学会専門医の必要症例数を経験できるように配慮します。呼吸器外科専門医を目指す場合は経験症例を専門医申請に使用できます。研修後に引き続き呼吸器外科レジデントとして修練を積むことが可能です。肝胆膵外科高度技能医を目指す場合は、研修後に引き続き肝胆膵外科レジデントとして修練を積むことが可能です。
7. 診療科の指導体制
   

診療科医師数 常勤 14名、非常勤 11名
診療科研修の指導にあたる医師 14名 (各医師の詳細は当院ホームページをご覧ください)

主として研修指導にあたる医師の氏名    関本貢嗣  
          診療科経験年数     33年   
8. 研修のコンセプト
   

当科はがん治療および外科治療における標準治療の実践と先進医療の推進を特徴としています。研修においては

オン・ザ・ジョブ・トレーニングを通じて、外科の知識や診療技術を身につけることはもちろん、患者のための医療の実践、チーム医療の習得を目標とします。具体的には以下のような指導を特徴としています。
1.指導医による指導:全専門分野でそれぞれの指導医資格を持つスタッフによる
 指導体制
2.質の高い医療の実践:チーム医療の推進、集学的治療
3.新しい医療の開発への参画:臨床研究および共同研究の推進、公的研究への参
 加、治験の推進
4.情報発信:学会発表および論文発表の奨励、講演会およびセミナーの開催
9. 共通領域研修について
 

院内・院外で開催されている研修会や勉強会などへの積極的な参加を推進しています。また、学会活動や論文作成を積極的に行い、最新の知識の獲得と情報発信を行うことを推奨しています。

10. 当院の研修終了後の就職・研修の実績
 

2011年度研修修了者:大阪府立成人病センター外科シニアレジデント1名、静岡県立がんセンター上部消化器外科シニアレジデント1名、大阪大学消化器外科大学院生1名
2012年度研修修了者:大阪大学消化器外科大学院生2名、大阪府立呼吸器アレルギー医療センター呼吸器外科シニアレジデント

2013年度研修修了者:大阪府立成人病センター外科シニアレジデント2名、静岡県立がんセンター下部消化器外科シニアレジデント1名
11. 当院外科の指導・教育施設資格
 

日本外科学会 外科専門医制度修練施設 (指定施設)
日本消化器外科学会 専門医制度指定修練施設(認定施設)
呼吸器外科専門医合同委員会 認定修練施設(基幹施設)
日本消化器病学会 専門医研修施設(認定施設)
日本消化器内視鏡学会 認定指導施設
日本肝臓学会 認定施設
日本肝胆膵外科学会 高度技能医修練施設
日本大腸肛門病学会 認定施設
日本乳癌学会 認定施設
マンモグラフィ精度管理中央委員会 認定施設
乳房再建エキスパンダー実施認定施設
乳房再建インプラント実施認定施設
日本臨床腫瘍学会 認定施設
日本がん治療認定医機構 認定研修施設

   

ページのTOPへ