国立大阪病院 外科のご案内
集中治療部について
スタッフ1 スタッフ2
ICU部長 木下順弘

【診療対象】
 大阪医療センターのICU(集中治療室:Intensive Care Unitの略)では、重症の臓器不全患者および難易度の高い手術の術後管理を中心に診療しています。年間、術後患者と重症の緊急患者を合わせ800名前後の入室があり、重症診療と専門看護を提供しています。ICUの専従医は1名で、救急科専門医、集中治療専門医、外傷専門医などの資格と豊富な経験を活かし、できるだけ多くの命を救うことができるよう各科の医師と協力しています。


以下に、以下に、当センターの入室基準を示します

意識障害又は昏睡、急性呼吸不全又は慢性呼吸不全の急性増悪、急性心不全又は慢性心不全の急性増悪、循環・呼吸についての厳重な監視を要する患者(急性冠症候群、急性肺動脈塞栓症、急性大動脈解離、重症不整脈など)ショック、重症感染症、敗血症、重篤な代謝障害(肝不全・腎不全・重症糖尿病など)、心肺蘇生後など、または侵襲度の高い手術の周術期、もしくは術後、呼吸あるいは循環について、厳重な監視を要する患者

【チーム医療】
 ICUにおける治療は、各科の担当医が中心となります。加えてICU専属の医師、集中治療認定看護師が協力しながら、重症患者に対応します。チームのメンバーには、医師、看護師、薬剤師、臨床工学技士、栄養士、理学療法士が常時参加し、必要に応じて放射線技師、医療ソーシャルワーカー、事務職員その他も加わります。


【臨床研究】
 ICUにおいて数多く対応する重要臓器不全患者の診療技術向上に関する工夫や新たな取り組みを研究テーマとして、集中治療専門医、集中治療認定看護師らが中心となり、臨床研究を行い、学会等に発信します。


【年度別患者数実績】

計(人)
27年度 797
28年度 788
29年度 823