国立大阪病院 外科のご案内
〜疾患別の紹介〜
下部消化管(大腸がん・炎症性腸疾患)
■大腸疾患



下部消化管外科を担当するスタッフは、関本貢嗣・加藤健志・三宅正和・植村守の4名 + 肛門外科 宮崎道彦(非常勤)です。関本・加藤の2人は大腸肛門病学会の専門医・指導医で、大腸がんの診療経験が豊富です。大腸がんの治療も診断も行っていますので大腸がんが見つかれば、検査が揃っていなくてもご紹介ください。関本を中心に私たちのグループが責任を持って診療にあたります。宮崎も大腸肛門病学会の専門医・指導医で肛門疾患の診療経験が豊富です。
下部消化管グループの特色をご紹介します。

1. 現在ほとんど全ての大腸がん手術が腹腔鏡手術となっています。本院ではスタッフ4名全員が日本内視鏡外科学会の技術認定医を取得しており、早期がん・進行がんだけでなく、再発がんや再手術症例に対しても積極的に腹腔鏡手術を行っております。最近では、臍部の約2.5cmの創からすべての手術を行う単孔式大腸切除術も採用しています。


2. 肛門に近い直腸がんにもできる限り肛門温存を目指しています。また直腸がんでは術後の排尿機能や性機能障害が問題となりますが、腹腔鏡手術の特長である詳細な観察と繊細な手術操作により極力機能を温存しています。


3. 他の施設では治療を断念したような超進行がん・再発がんに対しても外科治療と抗がん剤治療・放射線治療を組み合わせてあきらめない治療を実践しています。われわれの再発直腸がんの手術成績は5年生存率約50%です。


4. 多くの治験・臨床試験に参加し、他の施設で受けることの出来ない化学療法を受けることが可能です。


地域医療連携室を通して、毎日予約を受け付けています。 内視鏡治療・手術・化学療法・セカンドオピニオンなど、お気軽にご紹介・ご相談ください。FAXで予約を取っていただければ待ち時間が少なくなります。

診療日
関本貢嗣 月・火・水・木(手術・腹腔鏡手術・セカンドオピニオン、大腸疾患に関する
             お問い合わせ)
加藤健志 水・金(腹腔鏡手術・化学療法・セカンドオピニオン)
三宅正和 水(手術・腹腔鏡手術・化学療法)
植村 守 水(手術・腹腔鏡手術・化学療法)
宮崎道彦 木(肛門疾患専門)

お問い合わせ 関本貢嗣 (TEL 06−6942−1331、MAIL onh.seki@onh.go.jp)


 

 


ページのTOPへ