国立大阪病院 外科のご案内
〜疾患別の紹介〜
呼吸器疾患(肺がん・縦隔腫瘍)

外科呼吸器部門では胸部悪性腫瘍を専門とする内科、放射線科(放射線診断、放射線治療)、臨床検査科(病理)との共同診療体制のもとに、 肺癌などの胸部疾患に対する手術治療を行っています。現在の最高水準の治療を提供することはもちろんのこと、新しい診断治療を開発する努力を続けています。

■取り扱う疾患

肺癌
転移性肺腫瘍(肺以外の臓器から発生した癌の肺への転移)
縦隔腫瘍(胸腺腫、神経原性腫瘍、縦隔胚細胞性腫瘍など)
胸膜・胸壁腫瘍(悪性胸膜中皮腫など)

■呼吸器外科手術に関する当科の方針

症状、診断、病期などについては内科(肺癌)のホームページをご覧ください。
【肺癌】

T期とU期およびVAの一部の非小細胞肺癌と、病期I期の小細胞肺癌に対して手術治療が行われます。肺の切除とリンパ節の郭清が行われますが、肺葉切除が標準手術です。

隣接臓器に浸潤した進行肺癌に対しては合併切除を伴う拡大手術を行います。肺癌の進行の程度を考慮し、呼吸器グループの連携により、放射線、抗癌剤、手術を組み合わせた治療も行います。

1. 肺機能温存手術(縮小手術)について
 

 肺癌の手術には肺葉切除が行われてきましたが、肺の切除量を減らし呼吸機能を温存する縮小手術(肺区域切除、肺部分切除)が広まっています。当科でも早期の小型肺癌に対しては縮小手術を積極的に採用し、癌の根治性をそこなわずに手術後も十分な生活レベルを保てるよう配慮しています。

2. 胸腔鏡手術について
 

 胸腔鏡と呼ばれるビデオスコープを使用して通常よりも小さな創で肺の切除を行う胸腔鏡手術も導入し、手術侵襲と術後の痛みの軽減および美容に配慮しています。 しかし、不十分な手術視野での手術で癌の根治性を損なってはなりません。ひとりひとりの患者様の病状に応じてその使用を検討いたします。

【転移性肺腫瘍】

 他の臓器の癌から肺へ転移をきたしたものですが、もともとの癌の状況や転移の状況によって手術適応が異なります。原病の主治医の先生とよくご相談の上、紹介状とレントゲンなどの資料をお持ちいただくことをお願いいたします。

【縦隔腫瘍】

 胸腺腫、神経原性腫瘍、縦隔胚細胞性腫瘍などの外科的摘除を行っています。腫瘍の性格に応じて他科との共同診療体制により抗癌剤、放射線、手術を組み合わせた治療も行います。

【悪性胸膜中皮腫】

 最近、アスベスト(石綿)との関連で、労働災害や環境被害について注目されている病気で、診断、治療の困難とされる悪性腫瘍です。最新の医学情報に基づいて診断、治療を行います。

■手術治療成績

 全国がんセンター協議会が公表した2007年〜2009年の生存率共同調査による約30施設のデータによると、手術治療が主体となるI期、 II期肺がんの当院での5年生存率は90.2%、65.3%と全施設平均より良好な治療成績が得られています(見康二呼吸器外科科長は2006年に赴任)。
 詳しくはこちらを御覧ください。
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/seizonritsu/shisetsubetsu_list.html


■呼吸器外科専門外来

 高見康二科長(呼吸器外科専門医)は水曜日(再診)と金曜日(初診)、藤原綾子医師(呼吸器外科専門医)は金曜日に呼吸器外科専門外来を行っています。 この他でも随時診察を行いますので地域医療連携室までご連絡ください。また、気管支鏡検査等の胸部疾患診断に関するご相談につきましては呼吸器内科とともに呼吸器外科でも承っております。